岸井 隆幸(きしい たかゆき、1953年 - )は、都市計画の専門家[1]日本大学教授。専門は交通工学

来歴編集

兵庫県出身[2]

1977年、東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修了後、建設省に入省[1]

1992年に日本大学理工学部土木工学科専任講師、1995年に同助教授、1998年に同教授に就任[1]

2010年から12年まで、日本都市計画学会会長を務めた[1]

2012年には国立競技場「国際デザイン・コンクール」の審査委員(11名)を務めた(この最終審査の際、17番ザハ案について「軽やかに建設できるか危惧を持っている」と危惧を指摘した一人[3])。

脚注編集

外部リンク編集

文化
先代:
武内和彦
日本都市計画学会会長
第32代:2011年 - 2012年
次代:
後藤春彦