メインメニューを開く

嶋津 格(しまづ いたる、1949年1月31日 - )は、日本の法学者。専攻は法哲学法学博士東京大学、1982年)。千葉大学名誉教授。2005年から日本法哲学会理事長、2000年から2004年まで日本学術会議会員。

嶋津 格
(しまづ いたる)
生誕 (1949-01-31) 1949年1月31日(70歳)
日本の旗 日本 京都府[1]
国籍 日本の旗 日本
研究分野 法哲学
研究機関 千葉大学
出身校 東京大学
(学士・修士・博士)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

目次

略歴編集

学歴編集

  • 1973年 東京大学法学部第1類(私法コース)卒業
  • 1974年 東京大学法学部第3類(政治コース)卒業
  • 1982年 東京大学大学院法学政治学研究科基礎法学専攻博士課程修了(法学博士、学位論文「F.A ハイエクの法理論とその基礎」[2])。

職歴編集

  • 1976年 司法修習修了
  • 1979年 弁護士(千葉県弁護士会)(-1987年8月)
  • 1984年 亜細亜大学法学部専任講師
  • 1987年 亜細亜大学法学部助教授
    スタンフォード大学フーバー研究所客席研究員(1987年9月-1988年8月)
  • 1992年 亜細亜大学退任、千葉大学着任。同法経学部法学科教授
    1998年 -1999年 同学部法学科長
    2001年 -2003年 同大学大学院社会文化科学研究科長、千葉大学評議員
  • 2004年4月 - 2014年3月 千葉大学大学院専門法務研究科教授(法経学部・大学院人文科学研究科兼務)
    2004年4月 - 2006年3月 同学部法学科長
    2006年4月 - 2009年3月 国立大学法人千葉大学副理事・評議員、千葉大学言語教育センター長
    2009年4月 - 2014年3月 国立大学法人千葉大学大学理事(組織担当)・経営協議会学内委員・教育研究評議会委員・大学院専門法務研究科教授
  • 2014年4月 - 千葉大学名誉教授

この間専修大学法科大学院兼任講師等も歴任。

学会活動編集

社会的活動編集

  • 2000年 - 2002年 千葉県県立高等学校再編計画策定懇談会座長

著書編集

単著編集

  • 『自生的秩序――F.A.ハイエクの法理論とその基礎』(木鐸社、1985年)
  • 『問いとしての〈正しさ〉――法哲学の挑戦』(NTT出版、2011年)

共著・部分執筆編集

共編著編集

訳書編集

引用編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.321
  2. ^ 国立国会図書館サーチ 、2015年7月6日閲覧
  3. ^ 日本法哲学役員、2015年7月6日閲覧
  4. ^ 日本法哲学役員、2015年7月6日閲覧
  5. ^ 連携会員専門別一覧 、2015年7月6日閲覧