メインメニューを開く

川上酢店(かわかみすみせ)は、愛知県岡崎市に本社を置く、ソース調味料などを製造する日本の食品メーカー。国内で初めて飲料用の酢「ドリンクビネガー」を開発した[1]。地元では「マル喜」または「マルキ」の名で知られる[2]

株式会社川上酢店
Kawakami-Suten-2.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
444-0916
愛知県岡崎市日名本町8番地8
設立 1924年(大正13年)7月
業種 食料品
法人番号 8180301000574
事業内容 ソース調味料の製造
代表者 川上喜也
資本金 1,000万円
従業員数 32名
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示
主な商品

概要編集

1924年(大正13年)7月、川上喜代四郎が岡崎市元能見町103番地にて創業。当初は味噌、醤油、酒類の小売業であり、その後調味料卸と食酢の製造を手がけた。1948年(昭和23年)8月、株式会社川上酢店に改組[3]

1950年(昭和25年)4月、ロングセラーとなるウスターソースの「マルキソース」の製造開始。市内の学校給食に使われ市民に親しまれている。

1973年(昭和48年)8月、健康飲料「ドリンクビネガー」の製造開始。リンゴ酢と米酢を混ぜ合わせ、蜂蜜で味付けて飲みやすくした酢で、大手メーカーに先駆けて「飲む酢」を流行らせた[1]

さらに1975年(昭和50年)には「寿司酢」を開発し大ヒットとなった。「マルキの寿司専門酢」は現在も売上げの半分以上を占める主力商品である。

1978年(昭和53年)1月、本社を現住所の岡崎市日名本町に移転[3]

ドレッシングとしてそのまま使える「ぶっかけ酢」[4]、トマト、紫イモ酢、赤ワイン、赤シソ、赤トウガラシ、赤米などを素材とする「赤ソース」[5]、「ブルーベリー酢」、「カレーライスにかけるソース」など様々なアイデア商品を製造している[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 森田真奈子「西三河のカイシャ 川上酢店(岡崎市) アイデア商品を食卓に」 『中日新聞』2017年10月3日付朝刊、西三河版、14面。
  2. ^ 愛知新聞』1961年7月27日、1面、「明日の郷土を担う人 愛知の顔 株式会社川上酢店 川上喜代四郎さん」。
  3. ^ a b マルキ酢醸造販売元(株)川上酢店会社概要
  4. ^ マルキ酢醸造販売元(株)川上酢店ネットストア:酢・合せ酢:ぶっかけ酢
  5. ^ “岡崎・川上酢店、「赤ソース」発売-「黒ソース」との相乗効果に期待”. 岡崎経済新聞. (2012年3月13日). https://okazaki.keizai.biz/headline/554/ 2017年11月1日閲覧。 

外部リンク編集