メインメニューを開く

川中子 義勝(かわなご よしかつ、1951年7月22日 - )は、ドイツ文学者キリスト教研究者、詩人東京大学名誉教授。日本詩人クラブ理事長。文芸誌『同時代』同人。

埼玉県生まれ。1975年埼玉大学教養学部卒、1975年から1977年まで西ドイツマールブルク大学に留学、1981年東大人文科学研究科独文科修士課程修了。1987年東大教養学部助教授(ドイツ語)、1998年教授。1998年アマーリエ・フォン・ガリツィン賞受賞、2010年日本詩人クラブ詩界賞受賞。

ドイツから日本まで、キリスト教思想の研究をおこなっている。18世紀ドイツの神学者ヨハン・ゲオルク・ハーマンを主として研究・紹介した。詩集、絵本も執筆している。

著書編集

  • 『眩しい光 詩集』沖積舎 1995
  • 『北の博士・ハーマン』沖積舎 1996
  • 『ふゆごもり』いのちのことば社 1996
  • 『ハーマンの思想と生涯 十字架の愛言者』教文館 1996
  • 『ものみな声を 詩集』土曜美術社出版販売 1999
  • 『散策の小径』日本基督教団出版局 2000
  • 『ミンナと人形遣い 譚詩』沖積舎 2002
  • 『ときの薫りに 詩集』土曜美術社出版販売 2002
  • 『遥かな掌の記憶 詩集』土曜美術社出版販売 2005
  • 『詩人イエス ドイツ文学から見た聖書詩学・序説』教文館 2010
  • 『詩集 廻るときを』土曜美術社出版販売 2011
共編著

翻訳編集

  • 『北方の博士・ハーマン著作選』沖積舎 2002
  • R.ボーレン『源氏物語と神学者 日本のこころとの対話』教文館 2004
  • ヨゼフ・ヴィルコン『ねずみにとどいたクリスマス』いのちのことば社フォレストブックス 2007
  • ベルンハルト・ガイェック『神への問い ドイツ詩における神義論的問いの由来と行方』土曜美術社出版販売 2009

外部リンク編集