メインメニューを開く

川口 長孺(かわぐち ちょうじゅ、安永2年(1773年) - 天保6年6月10日1835年7月5日))は、水戸藩歴史家医学者彰考館総裁。字は嬰卿、通称は三省、助九郎。号は緑野。

家業を継いで医者となった後[1]寛政5年(1793年)に立原翠軒の推薦により彰考館に入り、水戸藩主徳川治保の侍講も務める。文化12年(1815年)より彰考館総裁を務める[2]

目次

著書編集

  • 『台湾鄭氏紀事』
  • 『台湾割拠志』
  • 『征韓偉略』

関連項目編集

脚注編集

参考文献編集