川崎浮世絵ギャラリー

川崎浮世絵ギャラリー (かわさきうきよえギャラリー) は、かつて2001年に開館し、2016年9月17日に閉館した神奈川県川崎市川崎区砂子の、旧東海道沿いにあった私立美術館川崎・砂子の里資料館のコレクションを引き継いで 2019年12月3日に川崎市川崎区駅前本町12-1の川崎駅前タワー・リバーク3階に新たに開館した。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 川崎浮世絵ギャラリー
Kawasaki Ukiyo-e Gallery
201912ukyoe.jpg
川崎浮世絵ギャラリー
施設情報
専門分野 浮世絵
収蔵作品数 4000点
館長 斎藤文夫
開館 2019年12月3日
所在地 210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク3階
位置 北緯35度31分55秒 東経139度41分54.8秒 / 北緯35.53194度 東経139.698556度 / 35.53194; 139.698556座標: 北緯35度31分55秒 東経139度41分54.8秒 / 北緯35.53194度 東経139.698556度 / 35.53194; 139.698556
外部リンク https://ukiyo-e.gallery/about/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

コレクション編集

館長・斎藤文夫浮世絵コレクション(約4千点、総額約7億円)[1]が展示の中心となっていた。コレクションのきっかけは、横浜の貿易商で浮世絵コレクターだった丹波恒夫(そのコレクションは現在神奈川県立歴史博物館が所蔵)から、日本の宝である浮世絵を収集して子々孫々まで伝えないといけないと勧められたことによる。この時政治を志していた斎藤には浮世絵を集める余裕はなかったが、自身の県議会議員の選挙区が川崎市全域だったことから、まず川崎に関する浮世絵を求め始めた。その後、参議院議員になると選挙区は神奈川県全域に広がったため、神奈川にある名所絵横浜絵なども収集に加わった。こうして蒐集の範囲が広がると今度は系統的に集める必要性に気付き、次第に初期の浮世絵にも手を広げていった[2]。蒐集が遅かったため点数的には多くは無いももの、菱川師宣から幕末明治を経て新版画創作版画に至るまでの浮世絵の歴史的過程を大筋ながら説明できるコレクションが集まっている[3]。2016年9月17日に閉館し、川崎市の福田紀彦市長が閉館までの活動に敬意を表して感謝状を授与した[4]。コレクションの相続の問題から[5]、管理のできる施設への寄託及び東海道かわさき宿交流館での展示が摸索されていた[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「砂子の里資料館が9月に休館 管理、展示場所摸索へ」”. 神奈川新聞社. 2016年8月22日閲覧。
  2. ^ 「「浮世絵 Floating World 珠玉の斎藤コレクション」展 館長対談」 『浮世絵 Floating World 珠玉の斎藤コレクション』展図録、pp.16-23。
  3. ^ 『浮世絵 Floating World 珠玉の斎藤コレクション』展図録、p.11。
  4. ^ 「ありがとう砂子の里」”. タウンニュース社. 2016年9月23日閲覧。
  5. ^ 「横浜本郷ロータリークラブ会報」2014年3月25日号(P.3)”. 2016年10月6日閲覧。
  6. ^ 「砂子の里資料館が9月に休館 管理、展示場所摸索へ」”. 神奈川新聞社. 2016年8月22日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集