川崎 備寛(かわさき よしひろ、かわさき びかん[1]1891年3月13日 - 1963年3月26日)は、日本の翻訳家、麻雀研究家。

大阪府貝塚市生まれ。関西学院大学政治部中退後、文筆活動に入り1923年『文藝春秋』の同人となる。1924年から麻雀を始め、1929年日本麻雀連盟創立に際し中央委員。1930年最高段位7段となる。1932年麻雀団体が合併して大日本麻雀連盟が結成され、機関誌『麻雀日本』の編集長に就任。

戦後1948年連盟再建にあたり、関東本部幹事長。1953年理事長、1959年副総裁。1961年連盟最初の九段。死後名人位を追贈される。[1]

著書編集

  • 麻雀通(四六書院、1930)
  • 麻雀の打ち方(大泉書店、1949)
  • 最新麻雀入門 川津書店 1950 (入門新書)
  • 麻雀千夜一夜(明玄書房 1953)
  • 麻雀の勝ち方(大泉書店 1956)
  • 麻雀必勝法 手塚晴雄共著 虹有社 1966

翻訳編集

  • ワルト・ホイットマン訪問記 並に彼れの生涯と作品に対する考察 エドワード・カアペンター 聚英閣 1919.10
  • シルヴエストル・ボナール博士の罪 アナトール・フランス 冬夏社 1922
  • 科学史をかざる人々 R.J.Harvey Gibson 河出書房 1941
  • 愛の楽聖伝 J.カスバート・ハッデン 東晃社 1941
  • 大作曲家の恋愛と結婚 C.ハッデン 音楽之友社 1963

編集

  1. ^ a b 浅見了. “川崎備寛”. 2012年7月11日閲覧。