川崎 哲(かわさき あきら、1968年 - )は、日本の社会活動家ピースボート共同代表。核兵器廃絶国際キャンペーン (ICAN) 国際運営委員。様々な社会の現状を伝えるため、数々の本を手掛けている。

かわさき あきら[1]
川崎 哲[1]
生誕 1968年[1]
日本の旗 日本東京都[1]
出身校 東京大学[1]
職業 社会運動家
受賞 日本平和学会第1回平和研究奨励賞[2]
公式サイト 川崎哲のブログとノート
川崎哲のブログ(2006.7~2018.3)
Akira Kawasaki (@kawasaki_akira) - X(旧Twitter)
テンプレートを表示

人物 編集

東京都出身[1]1987年私立武蔵高等学校卒業後、1993年東京大学法学部を卒業。障害者介助の傍ら市民グループで平和活動や外国人労働者ホームレスの人権活動に従事。2003年NGOピースボートのスタッフとなり、現在は共同代表を務める[3]

2008年5月の「9条世界会議」で事務局長[2]。同年から「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」プロジェクトを実施、この活動がきっかけでICANに参加[4]2009年-2010年、「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」で非政府組織 (NGO) アドバイザーを務めた[1]

恵泉女学園大学非常勤講師[2]。日本平和学会会員、日本軍縮学会会員・編集委員[2]

日本による対韓輸出優遇撤廃に反対する、<声明>「韓国は「敵」なのか」呼びかけ人の1人[5]

著作 編集

単著 編集

共編著 編集

  • 平和をつくる17人 著、田中優・小林一朗・川崎哲 編『戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法』合同出版、2003年
  • 星川淳・川崎哲 文、成瀬政博 絵『イマジン9 想像してごらん、戦争のない世界を。』合同出版、2007年
  • 大量破壊兵器委員会 著、西原正 日本語版監修、川崎哲・森下麻衣子・メレディス・ジョイス 訳『大量破壊兵器 廃絶のための60の提言』岩波書店、2007年
  • 川崎哲・畠山澄子 著、新名昭彦 漫画『マンガ入門殺人ロボットがやってくる!? 軍事ドローンからロボット兵器まで』合同出版、2018年

脚注 編集