メインメニューを開く

川崎 寿彦(かわさき としひこ、1929年3月30日 - 1989年4月18日)は、日本英文学者。元名古屋大学教授。東京生まれ。弟は作家の川崎彰彦

17-18世紀英国のが専門だったが、のち庭園など文化史において業績をあげ、『庭のイングランド』が話題となった。1986年「英文学における庭園など空間形象の研究」に対して中日文化賞受賞[1]。著作多数あり、没後も遺稿が刊行された。

略歴編集

静岡高校京都大学文学部卒業。ウィスコンシン大学大学院修了。名古屋大学文学部教授を務め、在職中に死去。

著書編集

  • 「ニュークリティシズム概論」 研究社出版 1964
  • 「分析批評入門」 至文堂 1967
  • 「ダンの世界 天上の女と地上の神」 研究社出版 1967
  • 「マーヴェルの庭」 研究社出版 1974
  • 「鏡のマニエリスム ルネッサンス想像力の側面」 研究社出版 1978
  • 「庭のイングランド 風景の記号学と英国近代史」 名古屋大学出版会 1983
  • 「楽園と庭 イギリス市民社会の成立」 中公新書 1984
  • 「イギリス文学史入門」 英語・英米文学入門シリーズ.研究社出版 1986
  • 「森のイングランド ロビン・フッドからチャタレー夫人まで」 平凡社 1987 / 平凡社ライブラリー 1997
  • 「森と人間 2000年」 日本林業技術協会 1987
  • 「英詩再入門」 名古屋大学出版会 1990
  • 「薔薇をして語らしめよ 空間表象の文学」 名古屋大学出版会 1991
  • 「楽園のイングランド パラダイスのパラダイム」 河出書房新社 1991

共編著編集

  • 「新しい詩を読む 現代イギリス・アメリカの詩」 合評:金関寿夫橋口稔 研究社出版 1972
  • T・S・エリオット」 編著 山口書店 1981(現代英米文学セミナー双書)
  • 「イギリス・ロマン主義に向けて 思想・文学・言語」 編 名古屋大学出版会 1988
  • 「生と死の文化史 危機の生・豊饒の生」 木谷勤共編 名古屋大学出版会 1989

脚注編集