メインメニューを開く

川村 博忠(かわむら ひろただ、1935年1月25日[1] - )は、日本の古地図学者、東亜大学名誉教授。

朝鮮京城府生まれ。福岡県出身。1961年九州大学文学部西洋史学科卒業。1965年広島大学文学部地理学専攻卒業。1981年「江戸幕府撰国絵図の研究」で広島大文学博士佐世保工業高等専門学校助教授、1978年山口大学教育学部助教授、1986年教授。1997年東亜大学教授。2006年同名誉教授[2]

著書編集

  • 『江戸幕府撰国絵図の研究』古今書院 1984
  • 『国絵図』吉川弘文館 日本歴史叢書 1990
  • 『近世絵図と測量術』古今書院 1992
  • 『防長の近世地図史研究』川村博忠教授退官記念事業会 桜プリント企業組合 1997
  • 『近世日本の世界像』ぺりかん社 2003
  • 『江戸幕府の日本地図 国絵図・城絵図・日本図』吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2010
  • 『江戸幕府撰日本総図の研究』古今書院 2013

編纂編集

  • 『江戸幕府撰慶長国絵図集成 付江戸初期日本総図』編 柏書房 2000
  • 『寛永十年巡見使国絵図日本六十余州図』編 柏書房 2002

論文編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ researchmap

外部リンク編集