メインメニューを開く

川村 秀文(かわむら ひでふみ、1898年明治31年)[1] - 1981年昭和56年)3月2日[2])は、日本の内務厚生官僚。官選千葉県知事学校法人川村学園理事長・学園長。

経歴編集

秋田県鹿角郡出身。内務官僚・川村竹治の長男として生まれる[1]第一高等学校を卒業。1922年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。同年11月、高等試験行政科試験に合格。1923年内務省に入省し東京府属となる[1][3]

以後、内務省大臣官房会計課長、欧米各国視察(1931年)、国際労働総会政府代表随員(1931年、ジュネーヴ開催)、社会局書記官・保険部監査課長[4]厚生省保険院総務局企画課長、同社会局長などを歴任[1]

1942年6月、千葉県知事に就任。戦時下の体制整備、本土決戦への対応などに尽力。1945年4月、知事を退任[1]。同年に退官し、その後、公職追放となった[3]

戦後には、医療法人同和会会長[1]、学校法人川村学園理事長・学園長などを務めた[2]

著作編集

  • 述『国民健康保険の話:農村医療問題解決の鍵』健康保健医報社出版部、1937年。
  • 『医療費と医療内容の問題を解決すべき国民健康保険法の話』健康保険医報社、1938年。
  • 『国民健康保険法詳解』巌松堂書店、1939年。

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』345頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1981年3月3日夕刊、11面の訃報より。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』235頁。
  4. ^ 『官報』第2416号、昭和10年1月24日。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。