川辺町立下麻生小学校 (かわべちょうりつ しもあそうしょうがっこう)は、かつて岐阜県加茂郡川辺町に存在した公立小学校

川辺町立下麻生小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 川辺町
設立年月日 1873年
閉校年月日 1977年
共学・別学 男女共学
所在地 509-0301
岐阜県加茂郡川辺町下麻生1915
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

  • 旧・加茂郡下麻生町(現在の川辺町下麻生と七宗町中麻生)の小学校であったが、1956年に下麻生町が分割されて以降は川辺町下麻生が校区であった。1977年、川辺小学校上川辺分教室[注釈 1]と統合し、川辺北小学校の新設により廃校。
  • 廃校後、校舎は1982年から加茂郡教育研究所として使用されたが[1]、2011年に取り壊された[2]。2018年現在、跡地は下麻生グラウンドになっている。

沿革編集

  • 1873年(明治6年)2月 - 下麻生村に明倫義校が開校する。大雄寺[注釈 2]を仮校舎とする。
  • 1880年(明治13年) - 新築移転。
  • 1885年(明治18年) - 下麻生簡易科小学校に改称する。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 上川辺村と下麻生村が合併し、麻川村が発足。同時に上川辺学校を統合し、上川辺分教場を設置。
  • 1893年(明治26年)4月27日 - 麻川村が分割され、上川辺村と下麻生村となる。同時に上川辺分教場は川辺尋常高等小学校に移る。
  • 1896年(明治29年)11月13日 - 町制施行し、下麻生町となる。
  • 1899年(明治32年) - 下麻生尋常小学校に改称する。
  • 1903年(明治36年) - 新校舎(木造平屋建)が完成。
  • 1912年(明治45年) - 農業裁縫補習学校を併設する。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 下麻生国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年) - 下麻生町立下麻生小学校に改称する。
  • 1955年(昭和30年) - 新校舎(鉄筋コンクリート造2階建)が完成。
  • 1956年(昭和31年)9月30日 - 下麻生町は分割され、中麻生地区は七宗村に、下麻生地区は川辺町に編入される。同時に川辺町立下麻生小学校に改称する。
  • 1977年(昭和52年)3月31日 - 廃校。

出身有名人編集

  • 津田左右吉  明倫義校時代に在学。父親の津田藤馬は明倫義校の教師であった[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1976年、川辺小学校上川辺分校川辺小学校内に移転した際に改称。
  2. ^ 岐阜県加茂郡川辺町下麻生1998にある寺院。
  1. ^ 岐阜県教育史別編一 ビジュアル版(2005年岐阜県教育委員会)P.176。
  2. ^ かわべ議会だより第127号(平成23年5月12日)
  3. ^ 川辺町史通史編 P.606。

参考文献編集

  • 川辺町史 通史編 (川辺町編さん室 1996年) P.606 612 - 613 728
  • 下麻生町誌 (安藤宣保 1985年) P.166 - 176
  • 岐阜県教育史 別編一 ビジュアル版(岐阜県教育委員会 2005年)P.175 - 177

関連項目編集