メインメニューを開く

工藤 庸子(くどう ようこ、 1944年7月29日 - )は、日本フランス文学者フェミニスト放送大学客員教授東京大学名誉教授博士学術)(東京大学、2003年)(学位論文「ヨーロッパ文明批判序説」: 植民地・共和国・オリエンタリズム(Prologue a une critique de la civilisation Europeenne))[1]埼玉県浦和市(現:さいたま市)生まれ。

略歴編集

著書編集

単著編集

  • 『プルーストからコレットへ――いかにして風俗小説を読むか』(中公新書, 1991年)
  • 『小説というオブリガート――ミラン・クンデラを読む』(東京大学出版会, 1996年)
  • 『恋愛小説のレトリック――『ボヴァリー夫人』を読む』(東京大学出版会, 1998年)
  • 『フランス恋愛小説論』(岩波新書, 1998年)
  • 『ヨーロッパ文明批判序説――植民地・共和国・オリエンタリズム』(東京大学出版会, 2003年)
  • 『宗教 vs 国家――フランス<政教分離>と市民の誕生』(講談社現代新書, 2007年)
  • 『砂漠論――ヨーロッパ文明の彼方へ』(左右社, 2008年)
  • 『近代ヨーロッパ宗教文化論 姦通小説・ナポレオン法典・政教分離』(東京大学出版会, 2013年)
  • 『評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ』(東京大学出版会、2016年)
  • 『政治に口出しする女はお嫌いですか?』(勁草書房, 2018年)
  • 『女たちの声』(羽鳥書店, 2019年)

共著編集

  • (エストレリータ・ヴァセルマン)『フランス語基礎』(放送大学教育振興会, 2006年)
  • 岩永雅也)『大人のための「学問のススメ」』(講談社現代新書, 2007年)
  • 蓮實重彦)『〈淫靡さ〉について』(羽鳥書店〈はとり文庫〉, 2017年) 

共編著編集

  • 石井洋二郎)『フランスとその「外部」』(東京大学出版会, 2004年)
  • 池上俊一)『都市と旅――フランス語で世界を読む』(放送大学教育振興会, 2005年)
  • 高橋和夫大石和欣、宮本徹)『異文化の交流と共存』(放送大学教育振興会, 2009年)

訳書編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目編集

外部リンク編集