メインメニューを開く

巨人たちの星

ジェイムズ・P・ホーガンによるSF小説

巨人たちの星』(きょじんたちのほし、原題:Giants' Star)は、ジェイムズ・P・ホーガンによるSF小説。『星を継ぐもの』『ガニメデの優しい巨人』の続編にあたる。

あらすじ編集

(前作『ガニメデの優しい巨人』にて) わずかな根拠を頼りに太陽系を離れ、同胞が移り住んだと思われる巨人の星へ向かうガニメアン一行と彼らを乗せる宇宙船シャピアロン号は突然時空の歪に落ち込んだ。為す術もなく彷徨うシャピアロン号はやがて通常空間に復帰するが……そこは、目的地の巨人の星だった。

一方、ガニメアンの太陽系への帰還、地球来訪と、移住先への出発の情報を通信波に載せて巨人の星へ向けて放った人類は、直後に思わぬ信号を受け取る。それは巨人の星からの返信であり、地球の通信フォーマットに則り、しかも英語で記述されていた。

どうやら人類は遥か昔から彼らに監視されて居たらしい。だが、交渉を重ねて行くと彼らが人類に抱く不信感が露わになり、一方で人類を代表して交渉に臨む国連の動きも何故か鈍く、加えて不信感を解く努力もせぬままで、なんら進展をみせない。これに業を煮やすハントとダンチェッカーらは、極寒のアラスカの人里離れた基地に赴くように要請される。指定された基地で待つ彼らの前に舞い降りて来たのは超光速通信を介して遠隔地をリアルタイムに結ぶ知覚伝送装置パーセプトロンの端末であった。これを使い、巨人の星との間に極秘裏にホットラインが開設され、ハントらは、ガニメアンの子孫で今は巨人の星テュリオスに住む種族テューリアンの代表者カラザーとの対面と、シャピアロン号のガニメアンの面々との再会を果たす。

ハントらは推論によって第三の勢力、即ち、地球人類とはまた別の人類集団の存在を指摘し、カラザーはそれが真実であると認めた。彼らはかつてのミネルバを2分して対立した一方の勢力、ランビアンの子孫であり、今は惑星ジェヴレンに住むジェヴレン人となって、同じ人類として長らく地球の監視にあたり、ミネルバ崩壊後の人類の様子をテューリアンに報告していた。だが、地球から直接届いた通信内容をうけて、ジェヴレン人からの報告に不審な点が見受けられたことからホットラインの開設に至ったのだという。

また、地球の歴史においても彼らジェヴレン人の関与が明らかになった。その人数こそ限られたものだが、地球に潜入したジェヴレン人は或いは宗教を使って人類を惑わし、迷信を教え込んで合理的思考を奪い、或いは資本を独占して富を収奪し人類を貧困に陥れ、時には科学技術の発達を妨げ、一方で兵器の開発を促し、人類の進歩をゆがめ自滅させる方向に誘導すべく歴史を裏から支配していたという。その背景には5万年前にミネルバでランビアンと対立した、もう一方の勢力であるセリオスの子孫である地球人類に対する昔年の恨みがあった。だが、その試みは上手く行かず、今は地球において平和運動を推進して人類の武装解除を進めて無防備にする一方で、巨人たちに対しては地球の軍事化による危険の拡大を吹聴し、これに対抗する名目で高度な科学技術を巨人から引き出していた事が明らかになった。

ジェヴレン人の最終目的は何か。そして、これまでの悪行が悟られたとなれば、彼らはその目的に向けて秘めていた企てを直ちに実行に移すかも知れない。既に彼らは工業衛星アッタンで航宙艦を量産して戦力を充実させ、また究極の最終兵器を取り揃えている。対して巨人の星のカラザーらテューリアンは生来争いを好まず戦いの備えはない。翻って地球人類は宇宙に飛び出して間もなく備えが全くない。

ハントら地球人と、シャピアロン号のガニメアンはこの逆境下にあっても、逆転の秘策を捻り出して実行する。そして、その結末は地球人類とジェヴレン人の運命を輪廻に封じ込める。

日本語訳書編集

巨人たちの星シリーズ 東京創元社 創元SF文庫 翻訳:池央耿 カバー:加藤直之

漫画編集

星野之宣が『星を継ぐもの』のタイトルで『ガニメデの優しい巨人』『巨人たちの星』までを含めて漫画化している。