メインメニューを開く

布勢 清直(ふせ の きよなお)は、奈良時代貴族朝臣官位正五位下上総守

 
布勢清直
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 正五位下上総守
主君 光仁天皇桓武天皇
氏族 布勢朝臣
テンプレートを表示

目次

経歴編集

宝亀3年(772年従五位下少納言に叙任され、宝亀5年(774年武蔵介として地方官に転じる。

宝亀9年(778年)唐使・孫興進を唐に送り返すための送唐客使となり、翌宝亀10年(779年に渡る。翌天応元年(781年)6月に帰国し[1]、9月に渡唐の功労により二階昇進して正五位下に叙せられる。その後、短期間に兵部大輔民部大輔を務めた後、天応2年(782年)上総守として再び地方官に転じた。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『続日本紀』天応元年6月24日条

参考文献編集