メインメニューを開く

布勢 耳麻呂(ふせ の みみまろ)は、飛鳥時代貴族のち朝臣阿倍鳥の子とする系図がある[1]官位従四位下左京大夫

 
布勢耳麻呂
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位下左京大夫
主君 天智天皇弘文天皇天武天皇持統天皇文武天皇元明天皇
氏族 布勢朝臣
父母 父:阿倍鳥
兄弟 阿倍内麻呂耳麻呂
テンプレートを表示

経歴編集

天智天皇7年(668年)調物を献上するために新羅より渡来した東厳のもとに遣わされ、新羅王に対する調物を運搬するための船一艘をことづけた[2]

大宝元年(701年)の大宝令における位階制の制定を通じて正五位上に叙せられ、翌大宝2年(702年摂津大夫に任ぜられる。その後、臣姓から朝臣姓に改姓する一方で、従四位下に昇進し、元明朝和銅元年(708年左京大夫に補せられている。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ 宝賀[1986: 366]
  2. ^ 『日本書紀』天智天皇7年9月29日条

参考文献編集