メインメニューを開く

帰脾湯(きひとう)は漢方方剤の一つ。出典は『済生方』。

目次

組成編集

適応編集

貧血不眠神経症健忘。体力中等度以下で、虚弱体質の顔色が悪く、精神不安や出血などの傾向を伴う者への補気、補血の目的で用いる。

副作用編集

次の副作用がある[1]

注意事項編集

高齢者は生理機能が低下し、妊産婦、小児は安全性が未確立であり、注意が必要である[1]

関連処方編集

加味帰脾湯
帰脾湯に柴胡山梔子を加える。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ツムラ製品情報『ツムラ帰脾湯』