メインメニューを開く

常楽寺(じょうらくじ)は、愛知県半田市にある西山浄土宗寺院山号は天龍山。本尊阿弥陀如来

常楽寺
Jourakuji1.JPG
本堂
所在地 愛知県半田市東郷町2-41
位置 北緯34度53分0.2秒 東経136度55分3.3秒 / 北緯34.883389度 東経136.917583度 / 34.883389; 136.917583座標: 北緯34度53分0.2秒 東経136度55分3.3秒 / 北緯34.883389度 東経136.917583度 / 34.883389; 136.917583
山号 天龍山
宗旨 西山浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 文明16年(1484年
開基 空観栄覚
正式名 天龍山 常楽寺
札所等 知多四国八十八ヶ所霊場21番
知多百観音札所24番
文化財 木造阿弥陀如来立像(重要文化財
法人番号 1180005011924
テンプレートを表示
かつての常楽寺の様子(『尾張名所図会. 前編 巻6 知多郡』より「常楽寺」)

目次

概要編集

1484年文明16年)に天台宗仏性寺を改修し[1]、空観栄覚によって開基された浄土宗西山派(西山浄土宗)の寺院で、尾張藩初代藩主の徳川義直から「浄土宗西山派知多一郡の総本寺」とお墨付を得たとされる寺院である。

第八世住職の典空顕朗於大の方の妹の子で、徳川家康従兄弟にあたる。このことから、家康が1560年永禄3年)の桶狭間の戦い1582年天正10年)の本能寺の変1589年(天正17年)の上洛の際にも立ち寄っており、徳川家康ゆかりの寺として知られている。

なお、1924年大正13年)には、火事に遭い多くの建物を焼失したが、1940年昭和15年)に再建された。1987年(昭和62年)には、老朽化のため取り壊された山門も再建されている。

主な所蔵品には国の重要文化財に指定されている木造阿弥陀如来立像(1263年、円覚作)のほか、徳川家康から贈られたと言われるがある。

塔頭寺院編集

  • 超世院
  • 遣浄院
  • 真如院
  • 来迎院

文化財編集

重要文化財(国指定)
  • 木造阿弥陀如来立像 - 弘長3年(1263年)、円覚作。1931年(昭和6年)12月14日指定[2]

ギャラリー編集

所在地編集

愛知県半田市東郷町2-41

交通アクセス編集

その他編集

  • 山岡荘八の小説『徳川家康』にも常楽寺の名が見られる。
  • 板山町の安養寺は常楽寺の第17世光空周明上人が開山である。光空周明上人は寺号と寺を譲り受た上で成岩に移転させた。

脚注編集

外部リンク編集