常田 永則(ときだ ながのり)は、戦国時代武将

 
常田永則
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天正3年(1575年
別名 図書助
主君 真田幸隆信綱
氏族 河原氏常田氏
父母 河原隆正、養父:常田道堯
兄弟 河原正良河原正忠永則河原綱家
永之
テンプレートを表示

略歴編集

真田家臣・河原隆正の三男。叔母・恭雲院真田幸隆に嫁いでおり、永則が幸隆の甥・常田道堯の養子となることで真田氏と河原氏・常田氏は密接に姻戚関係を結んでいる[1]

天正3年(1575年)、従兄弟の真田信綱に従い長篠の戦いに参陣し、討ち死にした[2]

脚注編集

  1. ^ 丸島和洋 『真田一族と家臣団のすべて』KADOKAWA、2016年、130-132頁。 
  2. ^ 丸島和洋 『真田一族と家臣団のすべて』KADOKAWA、2016年、118-119頁。 

参考文献編集

  • 丸島和洋 『真田一族と家臣団のすべて』KADOKAWA、2016年。