常盤 大定(ときわ だいじょう、1870年5月8日明治3年4月8日) - 1945年昭和20年)5月5日)は、仏教研究者、浄土真宗大谷派の僧。

磐城国伊具郡大張村(現宮城県伊具郡丸森町)出身。号・榴邱。1898年東京帝国大学文科大学哲学科卒業。真宗大谷派講師。1907年東京帝大印度哲学講師、1921年文学博士、1925年教授。1931年定年退官、東洋大学教授、東方文化学院東京研究所研究員・評議員。晩年は浅草本願寺輪番を務めた。

1917年から1929年の間に五度中国に渡り、仏教・儒教・道教に関する文化史跡を踏査、関野貞との共著『支那仏教史蹟』『支那文化史蹟」を著した[1]

著書編集

  • 『仏陀之聖訓』編 無我山房 1904
  • 馬鳴菩薩論 教界文豪』金港堂 1905
  • 『印度文明史』博文館 1906
  • 法句経 南北対照英・漢・和訳』博文館 1906
  • 『釈迦牟尼伝』丙午出版社 1908
  • 『仏典の解説』丙午出版社 1918
  • 『古賢の跡へ 支那仏蹟蹈査』金尾文淵堂 1921
  • 『支那仏教史蹟』金尾文淵堂 1923
  • 『仏伝集成』丙午出版社 1924
  • 『支那に於ける仏教と儒教道教』東洋文庫 1930
  • 『仏性の研究』丙午出版社 1930 国書刊行会、1972
  • 『随筆 超と脱』仏教年鑑社 1933
  • 『学と道』時潮社 1934
  • 『仏祖と師友』大雄閣 1934
  • 宝林伝の研究』東方文化学院東京研究所 1934 国書刊行会、1973
  • 勝鬘経概説』東方書院 日本宗教講座 1935
  • 『支那の仏教』青年仏教叢書 三省堂、1935
  • 『仏教の精神』大日本図書 1936
  • 後漢より宋斉に至る訳経総録』東方文化学院東京研究所 1938 国書刊行会、1973
  • 『支那仏教史蹟踏査記』竜吟社 1938 国書刊行会、1972
  • 『支那仏教の研究』春秋社 1938 名著出版、1974
  • 『続・支那仏教の研究』春秋社松柏館 1941
  • 『支那仏教の研究 第3』春秋社松柏館 1943
  • 『日本仏教の研究』春秋社松柏館 1943

共著編など編集

  • 『支那仏教史蹟』関野貞共著 仏教史蹟研究会 1925-1926
  • 『仏教要典』編 博文館 1933
  • 『支那文化史蹟』第1至12 関野貞共編 法蔵館 1939-1941 『中国文化史蹟』法蔵館、1975
  • 『国訳大蔵経 経部 第10巻 過去現在因果経・仏本行集経、第11巻 仏本行集経』国民文庫刊行会 1917-1918

記念論文集編集

  • 『仏教論叢 常盤博士還暦記念』宮本正尊編 弘文堂書房 1933

編集

  1. ^ 『東京帝国大学学術大鑑』、大日本百科全書など