平 兼忠(たいら の かねただ)は、平安時代中期の武士。「兵(つわもの)」と呼ばれる受領層の軍事貴族大掾兼忠とも呼ばれる。

 
平兼忠
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 大掾兼忠
官位 従五位上出羽守または上総介
主君 藤原道長
氏族 桓武平氏国香常陸平氏
父母 父:平繁盛、母:斎部俊成
兄弟 兼忠、維幹維茂安忠
維良?、維茂?、高衡
テンプレートを表示

略歴編集

平繁盛の子として誕生。

今昔物語集』巻第25第4「平維茂が郎党、殺され話」に登場する。藤原道長に臣従している。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『今昔物語集』

関連項目編集