メインメニューを開く

略歴編集

愛知県生まれ。早稲田大学教育学部(地理歴史専修)卒業。東京都立大学大学院理学研究科地理学専攻修了。東京都立大学 理学博士 「十勝平野とその周辺地域における第四紀後期の編年と地形発達史(英文)」。

山梨大学教育学部助教授、東京都立大学理学部助教授を経て、1993年より北海道大学大学院環境科学研究院教授。2011年3月に北海道大学名誉教授、北海道大学特任教授。2012年3月に北海道大学退職。

研究内容編集

日高山脈での氷河地形からみた氷河の消長と下流の平野の形成史に関する研究は、最終氷期中の2回の亜氷期の存在を詳しく論じ、下流の平野の地形発達史と結びつけたものであり[1]、その後の日本の地形発達史研究、第四紀研究に大きな影響を与えた。極地や高山などの寒冷地域や変動帯である日本を主なフィールドとし、氷河周氷河地形研究、段丘地形を用いた地形発達史研究、活断層研究、津波堆積物の分析による巨大津波研究などで成果をあげている。ドイツ留学経験がありドイツ語に堪能であるため、ドイツ語の地理学専門書の翻訳も手がける。「十勝平野とその周辺地域における第四紀後期の編年と地形発達史(英文)」にて、1977年に東京都立大学より理学博士の学位を受ける。

津波堆積物の研究編集

段丘地形の研究や活断層地形の研究を進めていたこともあり、2000年頃より津波堆積物の研究に取り組むようになった。 2007年、産業技術総合研究所活断層研究センター研究員の藤原治等とのグループと中部電力浜岡原子力発電所付近のボーリング調査を行い、過去5000年の間に国が想定する東海地震の約3倍もの地殻変動をもたらす超東海地震が少なくとも3回は起きたとする調査報告を発表した[2]。 2011年の東北地方太平洋沖地震で大規模な津波が発生したことにより、津波堆積物にも注目が集まり、平川のこれまでの研究が大きく社会から注目されるようになった。

受賞歴編集

日本第四紀学会学術論文賞(2003年

著書編集

共著編集

翻訳編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 平川一臣・小野有五 「十勝平野の地形発達史」『地理学評論』47号、1974年、107-132頁。
  2. ^ 「地殻変動3倍の『超』東海地震、千年周期で発生か」『asahi.com:地殻変動3倍の「超」東海地震、千年周期で発生か - 社会朝日新聞社2007年9月4日[リンク切れ]

外部リンク編集