メインメニューを開く

平昌オリンピックスタジアム(ピョンチャンオリンピックスタジアム、: 평창 올림픽 스타디움)は、韓国平昌に建設された仮設のスタジアムである。2018年平昌オリンピック平昌パラリンピックの開・閉会式が行われた。

平昌オリンピックスタジアム
Pyeongchang Olympic Stadium at day for 2018 Winter Paralympics opening ceremony - 1.jpg
施設情報
所在地 江原道平昌郡大関嶺面水下里166-16
位置 北緯37度40分02秒
東経128度42分22秒
座標: 北緯37度40分02秒 東経128度42分22秒
起工 2016年6月
開場 2017年9月30日
使用チーム、大会
2018年平昌オリンピック、平昌パラリンピック
収容能力
3万5千人

目次

概要編集

2016年6月[1]から建設が進められ、28,300m2[2]の敷地に約1,200億ウォン[3]の事業費をかけて2017年9月に完成した。

3万5000席の観客席と7階規模の本館棟を備えている[4]。上から見ると五角形をしており、平昌五輪が掲げる「文化」、「経済」「情報通信技術(ICT)」、「環境」、「平和」といった目標を象徴している。仮設スタジアムとして建設されたため、大会終了後は観客席など施設は解体され、跡地は公演場として活用される予定[5]

防寒性編集

同スタジアムは屋根と外壁がないため、防寒性の問題が懸念されている。

2017年11月5日K-POPのコンサートで観客十数人が低体温症になり病院に運ばれた[6]。五輪の開・閉会式総監督を務めるソン・スンファンによると、「選手たちが入場する40 - 50分間は観客たちも立ち上がって一緒にダンスを踊り、簡単な打楽器をたたきながら寒さをしのげるように準備している」と説明した[7]

アクセス編集

平昌オリンピック・パラリンピック期間中は観客シャトルバスでのみ来場可能で、シャトルバスは最寄駅の珍富駅と珍富駐車場から運行された。2018年3月19日以降は、横渓(フェンゲ)市外バスターミナルから徒歩10分程度。

脚注編集

  1. ^ 4回使って壊す平昌五輪開閉会式場…1日使用料は158億ウォン(1)>『中央日報』2017年7月25日、2019年1月17日閲覧
  2. ^ Innolife (2017年10月1日). “【平昌冬季オリンピック】開・閉会式場が昨日(30日)完工”. Innolife.net. http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=5&ai_id=239743 2017年10月20日閲覧。 
  3. ^ 聯合ニュース (2017年9月29日). “[写真]平昌五輪の開会・閉会式会場 30日に完成”. 聯合ニュース. http://japanese.yonhapnews.co.kr/enter/2017/09/29/1001000000AJP20170929003400882.HTML 2017年10月20日閲覧。 
  4. ^ “強風、大勢の観客移動で揺れる開会式スタジアム 大統領府も舌打ちする不手際…”. 産経新聞. (2017年11月2日). http://www.sankei.com/premium/news/171102/prm1711020002-n1.html 2017年12月15日閲覧。 
  5. ^ “開閉会式場が完成「五輪史上初の行事専用」 関心は低いまま…”. 産経新聞. (2017年9月30日). http://www.sankei.com/world/news/170930/wor1709300027-n1.html 2017年10月2日閲覧。 
  6. ^ “平昌五輪のメーン会場で韓流コンサート、屋根なく低体温症になる人続出―中国メディア”. recordchina. (2017年11月6日). http://www.recordchina.co.jp/b204095-s0-c50.html 
  7. ^ “平昌冬季五輪開会式、カネをかけても…”. 朝鮮日報. (2017年11月26日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/24/2017112401670_2.html 2017年12月2日閲覧。 

関連項目編集