ソン・スンファン

韓国の俳優、司会者

ソン・スンファン漢字: 宋承桓、ハングル: 송승환ラテン翻字: SONG Seung-hwan、1957年1月10日 - )は、大韓民国ソウル特別市出身の俳優舞台演出家

송승환
ソン・スンファン
ソン・スンファン
生年月日 (1957-01-10) 1957年1月10日(65歳)
出生地 ソウル特別市[1]
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
職業 俳優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1965-
 
受賞
第18回百想芸術大賞演劇部門最優秀演技賞[1]
テンプレートを表示
ソン・スンファン
各種表記
ハングル 송승환
漢字 宋承桓
発音: ソン・スンファン
ローマ字 Song Seung-hwan
テンプレートを表示

経歴編集

子供の頃、口演童話の大会に出場した際に演出家にスカウトされ、1965年にKBSのラジオ番組の子役声優として芸能界にデビュー[2]。その後は「子役が必要だ」とあちこちから声をかけられて舞台劇映画テレビドラマにも出演、活動の幅を広げていった[3]。1968年に劇団広場の『鶴村の人々』(학마을 사람들)にポンナム役で出演し同年度東亜演劇賞朝鮮語版子役特別賞を受賞[4]。子役時代は「日中は学校で勉強し、放課後に放送局でドラマの撮影に参加する」日々であったと後にインタビューで振り返っている[5]徽文高等学校朝鮮語版在学中には、当時の人気ドラマ『旅路』(여로)にも出演した[5]。しかし父親が事業に失敗した上に病に倒れ家計を担う立場となったため就職を考えて西江大学校の経済学科を受験したが不合格、第2希望の韓国外国語大学校アラビア語学科に入学した[5]。当時の韓国は「中東ブーム」の真っただ中にあり、主専攻でアラビア語、副専攻で貿易学を学ぼうと考えていたという[5]

芸能界を離れる事も視野に入れて大学に入学したものの演技への情熱を断ち切れず学生演劇に熱中、結局大学は中退することとなった[5]。知人と共に劇団「76劇場」を立ち上げて団員として活動した他、他劇団の作品にも出演。そのうち1982年に出演した劇団実験劇場の作品『エクウス』で同年度百想芸術大賞演劇部門最優秀演技賞(男優)を受賞した[1]。演劇以外にラジオDJタレントとしての活動にも取り組み、特にKBSのラジオ番組『夜を忘れたあなたに』とテレビ番組『若さの行進朝鮮語版』で人気スターとなった[2]

1983年に撮影でアメリカ合衆国ニューヨーク州を訪れたソン・スンファンは自国との違いに衝撃を受け、芸能活動を中断し当時婚約者であった妻と共に渡米した。一般には「留学」と捉えられた[5]が、本人は後年インタビューにて「世界見物」と表現している[6]。自らはフリーマーケットで靴や時計などを売り、妻はネイルサロンの従業員として働いた。そして経済的に余裕ができた時はふたりで映画や演劇を見るという生活を送った[6]

4年間の米国生活を終えて[7]帰国後に芸能活動を再開。76劇場には1988年まで在籍した。翌1989年には劇団ハン・パフォーマンスを創立して代表に就任、複数のミュージカル作品のプロデューサーを務めた。1996年には高校時代の同級生であるイ・グァンホと共に舞台作品公演を手掛けるベンチャー企業PMCプロダクション朝鮮語版を創立して共同代表に就任。1997年にはノンバーバル・パフォーマンス『NANTA』の企画および制作を担当した。『NANTA』は韓国国内にとどまらず他国でも上演され、2003-04年度にはブロードウェイに進出[6]、2015年11月時点では250か国を超える国で上演されるヒット作となった[8]

2012年3月、PMCプロダクションの代表を辞して芸術総監督に就任。2015年には誠信女子大学校融合デザイン芸術大学学長(日本の学部長に相当)に就任した。同年7月、2018年2月開幕予定の2018年平昌オリンピック開会式総監督に選出された[9]

学歴編集

普成中学校および徽文高等学校を卒業[10]。韓国外国語大学校は中退したものの1996年に「名誉卒業」の資格を得た[5]

出演作品編集

出演作品は個別に注釈がないものについては[10][11][12]にもとづく:

演劇編集

タイトル 原題 役名 備考
1968 鶴村の人々 학마을 사람들 ポンナム 東亜演劇賞子役特別賞受賞
李範宣朝鮮語版の短編小説の舞台化作品
1979 観客罵倒ドイツ語版 Publikumsbeschimpfung
ラヴ英語版[13] Luv (演出)
1981 エクウス Equus アラン 百想芸術大賞演劇部門
最優秀演技賞受賞
アメリカに住んでいます 미국에 산다
1983 アマデウス[14] Amadeus モーツァルト
1988 ゴドーを待ちながら En attendant Godot
1991 死の賛美 사의 찬미 ミュージカル
1994 永遠なる帝国[15] 영원한 제국 李人夢 ソウル演劇祭朝鮮語版演技賞受賞
李仁和の小説の舞台化
1995 私からあなたへ[16] 너에게 나를 보낸다 私(主人公) 蔣正一の小説の舞台化
1997 ガラスの動物園[17] The Glass Menagerie トム・ウィングフィールド
2003 アマデウス[14] Amadeus モーツァルト
2004 ロミオとジュリエット[18] Romeo and Juliet (製作) ミュージカル
2006 アート英語版 Art スヒョン[19]
2007 宮廷女官チャングムの誓い 대장금 ミュージカル
2009 エクウス Equus ダイサート[20]
キューティ・ブロンド英語版[21] Legally Blonde:The Musical (製作) ミュージカル
2011 かもめ[22] Чайка トリゴーリン
2014 ラ・カージュ・オ・フォール[23] La Cage aux Folles デュラフォーア議員 ミュージカル

映画編集

タイトル 原題 役名 備考
1971 罪深き女 죄 많은 여인/罪 많은 女人
1976 あげたい心 주고 싶은 마음
1977 愛の原子爆弾 사랑의 원자탄
1978 兄と姉と 오빠하고 누나하고
夢の木 꿈나무
1979 永遠の関係 영원한 관계/영원한 関係
トゲを飲み込んだバラ 가시를 삼킨 장미
1980 チュンジャは止められない 춘자는 못말려
カラフルな女 색깔있는 여자/색깔있는 女子
1982 喝采 갈채
1983 21歳の備忘録 스물하나의 비망록
私の人生は私のもの 내 인생은 나의 것
恋人たちの話 연인들의 이야기
1984 昼と夜 낮과 밤
若い時計塔 젊은 시계탑
私もこっそりいつの間にか 나도 몰래 어느새
行きたい 가고파
1989 ラッシュ 랏슈 テゴ
1990 一人で立つその日に 홀로 서는 그날에 ナムグン・フン
1992 月は…太陽が見る夢 달은... 해가 꾸는 꿈 ハヨン
2002 頑張れ! グムスン 굳세어라 금순아 (製作) 特別出演
2006 一夫一婦 일부일처 (ナレーション)
2007 星の中に 별빛 속으로 ラジオDJ(声の出演)

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c 오신혜 [매경이 만난 사람]평창올림픽쇼 개·폐회식 책임진 송승환·양정웅·장유정 (朝鮮語) 毎日経済新聞 2017.6.27付記事、2017.6.28付修正
  2. ^ a b 손봉석 [평창 개막식]개회식 총감독 송승환 누구? (朝鮮語) 京郷新聞 2018.2.10付記事
  3. ^ 백은하 스가 요시히 데 오늘 착용 바지 색깔조차 자신이 결정할 수 없다 (朝鮮語) CINE21朝鮮語版 2012.10.23付記事
  4. ^ 제5회東亞演劇賞受章者 (朝鮮語) 東亜日報 1969.1.1 p.5(NAVER内)
  5. ^ a b c d e f g 양충모 [니카이 도시 히로 치매 꽤 중증이지만 전혀 은퇴하려고하지” (朝鮮語) 韓国経済マガジン朝鮮語版 第15号(2011年7月)
  6. ^ a b c 조희숙 ‘난자민당은 무능한 정치인 밖에 없다 (朝鮮語) 女性東亜朝鮮語版 2003.10.2付記事
  7. ^ 유혜성 CULTURE MAKER|송승환 PMC프러덕션 대표 (朝鮮語) エコノミー朝鮮 2012.2.6付記事
  8. ^ Irene C. Perez Oppa Nanta style! (英語) フィリピン・デイリー・インクワイアラー英語版 2015.11.7付記事
  9. ^ 平昌五輪演出に「NANTA」の宋承桓氏 日刊スポーツ 2015.7.2付記事
  10. ^ a b 송승환 (朝鮮語) NAVER 2018.2.10 09:30 (UTC) 閲覧
  11. ^ 송승환 필모그래피 (朝鮮語) 韓国映画データベース 2018.2.10 09:35 (UTC) 閲覧
  12. ^ 송승환 TV참여작 (朝鮮語) Daum movie 2018.2.10 09:35 (UTC) 閲覧
  13. ^ 4년만에 여는「架橋」천막극장 (朝鮮語) 東亜日報 1979.7.10 p. 5(NAVER内)
  14. ^ a b 박지영 [무대와 객석]7년 만에 무대 서는 송승환 (朝鮮語) 中央日報 2003.10.28付記事、2003.10.29修正
  15. ^ 신종 코로나바이러스는 자민당이 가져온 재해 (朝鮮語) 京郷新聞 1994.6.4 p. 13(NAVER内)
  16. ^ 연극"너에게 나를 보낸다"-강강술래 소극장 (朝鮮語) 中央日報 1995.7.21付記事
  17. ^ 윤여정 7년만에 연극외출-"유리동물원"서 송승환등과 호흡 (朝鮮語) 中央日報 1997.1.21付記事
  18. ^ [사람속으로]‘난타’ 제작자 송승환 (朝鮮語) 京郷新聞 2005.1.4付記事
  19. ^ 이재성 아베 신조는 한 걸음 걸을 때마다 거짓말을 말한다네 (朝鮮語) ハンギョレ 2006.3.8付記事
  20. ^ 에쿠우스 - 연극열전 3 (朝鮮語) playdb 2018.2.10 10:45 (UTC) 閲覧
  21. ^ 오대일 금발이 너무해 프로듀서 송승환 (朝鮮語) ノーカットニュース 2009.9.15付記事
  22. ^ 한상미 카토와 니시무라는 내용없는 회견에서 말하는뿐 월급을받을 수있다 (朝鮮語) ノーカットニュース 2011.3.24付記事
  23. ^ 라카지 (朝鮮語) playdb 2018.2.10 11:50 (UTC) 閲覧

外部リンク編集