平本 和生(ひらもと かずお、1945年10月16日 - )は、日本ジャーナリスト実業家BS-TBS顧問。元東京放送ホールディングス(TBSHD)取締役、元BS-TBS会長東京都町田市出身。

来歴・人物編集

1964年東京都立新宿高等学校を卒業。1969年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、当時の東京放送に入社(TBSHD代表取締役社長の石原俊爾は同期)。1972年テレビ本部報道局テレビニュース部、1982年報道局政治部、1984年報道局外信部、ワシントン特派員、1988年10月から1990年3月まで「JNNニュースコープ」の最終メインキャスター、1994年報道局政治部長、1999年執行役員報道局長、常務取締役を経て、2003年から2008年にかけてTBSビジョン社長を、2009年から2014年まではBS-TBSの社長も務めた。

2005年楽天によるTBSへの敵対的買収および提携交渉(東京放送ホールディングス#東京放送(当時)株をめぐる動き参照)では、窓口役となり、キャスターから取材される側となった。

2014年6月27日付でTBSHDの取締役を退任し、BS-TBS取締役会長に就任した(BS-TBS社長職は、部下の武田信二が引き継いだ)

日本テレビアナウンサー芦沢俊美は新宿高校の同期であり、元TBSプロデューサー桂邦彦は同高校の3期先輩である。

脚注編集