早稲田大学政治経済学部

早稲田大学政治経済学部(わせだだいがくせいじけいざいがくぶ)とは、早稲田大学の学部の一つであり、早稲田大学の

中心的学部に位置づけられる看板学部である。

目次

概要編集

早稲田大学政治経済学部は、1882年東京専門学校設立時に政治経済学科として設置されたのがその起源である。1902年の早稲田大学設置の際は、法学科、文学科とともに政治経済学科が大学部に設置された。

また戦後の1949年には第一政治経済学部(政治・経済・新聞・自治行政学科)と第二政治経済学部(政治・経済)が設置されたが、後者は1973年に廃止された[1]

第一政治経済学部の自治行政学科と、GHQの指導によってつくられた新聞学科は、どちらも1966年に新規募集が停止された[2]

従来の一般入試に加えて1991年からは指定校推薦入試が、2007年からはセンター利用入試が導入された。

1933年の完成以来、長年政治経済学部の拠点として使われてきた旧3号館が2011年に取り壊され、2014年9月にその外観の一部を再現した新3号館(地上14階、地下2階建て)が完成した。

 卒業生は政界・官界・財界・法曹界・メディアなどの第一線で活躍しており、各界のリーダー・著名人には早稲田大学政治経済学部出身者が多いなど、多数の人材を輩出している。

現在の学科編集

  • 政治学科
  • 経済学科
  • 国際政治経済学科(2004年に開設)

出身者編集

脚注編集

  1. ^ 理念・沿革 早稲田大学 政治経済学部
  2. ^ 早稲田大学とジャーナリズム Journalism School

外部リンク編集