平海郡(ピョンヘぐん、へいかいぐん、朝鮮語: 평해군)は、朝鮮江原道にかつて存在した郡である。蔚珍郡南部(箕城面温井面厚浦面平海邑)にあった行政区域である。鬱陵郡が設置する前まで、鬱陵島竹島も平海県に属した。1895年に平海郡に昇格され、1914年に郡面併合により蔚珍郡に統合された。