メインメニューを開く

平珍材

平安時代前期の貴族
 
平珍材
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位上美作介従三位
氏族 桓武平氏高棟
父母 父:平時望、母:藤原元姫(藤原菅根の娘)
兄弟 珍材、真材、寛子
貞氏(備中国青河郡郡司娘)
惟仲生昌
テンプレートを表示

平 珍材(たいら の うづき)は、平安時代前期の貴族桓武平氏高棟流、中納言平時望の長男。官位従四位上美作介従三位

経歴・人物編集

蔵人・美作介などを歴任し、位階従四位上に至る。没後の正暦2年(991年)になって、子息の平惟仲上奏により従三位贈位を受けている。

珍材が任国の美作国より上道の途路、備後国品治郡郡司の女に通じ、平惟仲が生まれたという説話がある[1]

官歴編集

系譜編集

注記のないものは『尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 古事談』六,亭宅諸道
  2. ^ 『九暦』
  3. ^ 『尊卑分脈』
  4. ^ 『日本紀略』
  5. ^ 『公卿補任』

参考文献編集

  • 甲田利雄『校本江談抄とその研究 下』続群書類従完成会、1988年
  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第四篇』吉川弘文館、1958年