メインメニューを開く

平時望

平安時代前期から中期にかけての公卿
 
平時望
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 元慶元年(877年
死没 承平8年3月25日938年4月27日
官位 従三位中納言
主君 宇多天皇醍醐天皇朱雀天皇
氏族 桓武平氏高棟
父母 父:平惟範、母:人康親王
兄弟 時望伊望
藤原菅根娘・元姫
珍材、真材、寛子
テンプレートを表示

平 時望(たいら の ときもち)は、平安時代前期から中期にかけての公卿桓武平氏高棟流、中納言平惟範の長男。官位従三位・中納言。

経歴編集

寛平7年(895年)に周防権介に初任。寛平9年(897年)に醍醐天皇の即位に伴い従五位下叙爵される。

昌泰3年(900年左京亮に任ぜられて京官に復帰した後、民部大輔大蔵少輔左衛門権佐・大蔵権大輔などを歴任する。延喜16年(916年)権右少弁に転じると、延喜17年(917年正五位下、延喜18年(918年)右少弁、延喜19年(919年)左少弁、延喜21年(921年従四位下と醍醐朝中期は弁官を務めながら順調に昇進した。延喜23年(923年)には皇太子・慶頼王春宮亮を兼ねるが、延長3年(925年)慶頼王が薨去したために春宮亮を解かれている。その後も、延長5年(927年蔵人頭、延長6年(928年)従四位上・右大弁と醍醐朝末にかけて要職を歴任し、延長8年(930年)弟の伊望に遅れること3年にして参議に任ぜられて公卿に列した。ここで時望は従四位上・参議となり官位面で伊望に追いつくが、伊望は承平2年(932年正四位下に昇叙され再び差をつけられてしまう。

朱雀朝では議政官として左右大弁・修理大夫などを兼帯し、承平4年(934年)正月に正四位下に叙せられ再び伊望に追いつくが、伊望は3月に正四位上、12月に従三位中納言に叙任され、三度差をつけられる。承平7年(937年)時望は大弁を務めた功労として、上位の参議5名(源清蔭源是茂藤原伊衡橘公頼藤原当幹)を越えて従三位・中納言に叙任され、三度伊望に追いついた。翌承平8年(938年)3月25日薨去。享年62。最終官位は中納言従三位。

人物編集

勅撰歌人として、和歌作品が『後撰和歌集』に1首採録されている[1]

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『勅撰作者部類』
  2. ^ 或いは3月1日
  3. ^ 没日は3月24日、3月26日ともいわれるが、『日本紀略』『貞信公記』の3月25日条によった。