メインメニューを開く

幸堂 得知(こうどう とくち、本名:高橋利平、天保14年(1843年1月 - 大正2年(1913年3月22日)は、明治時代文人黄表紙の流れを汲む軽妙な滑稽味が持ち味の作家。「江戸通人の風格」[1]を持つ演劇通で、多くの劇評を新聞紙上などで発表した。、饗庭篁村らと親しく、根岸派の1人と目された。

生涯編集

  • 1843年(天保14年)、江戸下谷車坂町に生まれる。父は青物商高橋彌平、高橋夢叟として『上野公園沿革史』の著者でもある。
  • 1869年(明治2年)、三井両替店(のちの三井銀行)に入社。
  • 1870年、上司の鈴木利平の養子となる。
  • 1878年以降、時折、文章を読売新聞紙上で発表するようになる。
  • 1888年、三井銀行を退職。
  • 1889年以降、本格的に文筆で身を立てるようになる。
  • 1891年、東京朝日新聞に入社。
  • 1892年より「歌舞伎新報」編集に携わる。
  • 1913年(大正2年)、死去。

編集

  1. ^ 越塚和夫編の年譜