幻を見るひと〜京都の吉増剛造〜』(英題:The Reality Behind What We See)は、映画監督・CMプロデューサー・ディレクターの井上春生による日本のドキュメンタリー映画。現代日本を代表する詩人・吉増剛造が四季の京都を訪れ、東日本大震災で失った言葉を回復し、一篇の詩を紡ぎ出すまでの心の旅を描く。19の国際映画祭(長編ドキュメンタリー部門)のコンペティションに選出され、アメリカ、イタリア、ベネズエラなど、7つの国際映画祭でグランプリを含む最優秀監督賞など10の賞を受賞。エグゼクティブプロデューサーは現代詩を牽引する詩人の城戸朱理である。情景撮影は4K、ドキュメント撮影は2Kで行われた。

幻を見るひと 〜京都の吉増剛造〜
監督 井上春生
脚本 井上春生
製作 「幻を見るひと」製作委員会
製作総指揮 城戸朱理
出演者 吉増剛造
撮影 安田浩一、大木スミオ
編集 井上春生
製作会社 HUGMACHINE
配給 HUGMACHINE
公開 日本の旗 2018年11月24日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

国際映画祭編集

7つの国際映画祭で10の賞を受賞。世界12大映画祭の一つモントリオール世界映画祭をはじめとして、アメリカ、アイルランド、イスラエル、ギリシャ、インド、スペイン、チリ、アルメニアなど世界各国の19の国際映画祭の長編ドキュメンタリー部門のコンペティションに選出され正式招待。

国際映画祭での受賞歴編集

  • Royal Wolf Film Awards (アメリカ) コンペティション部門(2018年)最優秀監督賞 ドキュメンタリー長編部門最優秀賞
  • Mindfield Film Festival - Albuquerque (アメリカ) コンペティション部門(2018年)最優秀監督賞 ドキュメンタリー長編部門プラチナ賞
  • Oniros Film Awards (イタリア) コンペティション部門(2018年)オニロス金賞 伝記映画部門最優秀賞 
  • Five Continents International Film Festival(ベネズエラ) コンペティション部門(2018年)ドキュメンタリー長編部門最優秀賞
  • Cutting Edge International Film Festival(アメリカ)コンペティション部門(2018年)ドキュメンタリー長編部門最優秀賞
  • Pinnacle Film Awards (アメリカ) コンペティション部門(2018年)ドキュメンタリー長編部門プラチナ賞 
  • SIERRA INTERNATIONAL FILM WEEKEND (ボリビア) コンペティション部門(2018年)ドキュメンタリー長編部門最優秀賞

スタッフ編集

  • 出演:吉増剛造
  • 監督・編集・プロデューサー:井上春生
  • エグゼクティブプロデューサー:城戸朱理
  • 宣伝プロデューサー・スチル:小野田桂子
  • 朗読:大鷹明良小林あや
  • 英語朗読:マーク・カーポンティエ
  • 撮影:安田浩一
  • 情景撮影:大木スミオ(J.S.C.)
  • 録音:中村太郎、奈良田信一
  • 照明:渡辺大介
  • デジタルイメージングテクニシャン:岩崎伸哉、森田順
  • 整音:白井康之、石黒裕二
  • 制作:山本礼二、保中良介、赤塚敏史
  • 撮影助手:宇野寛之、山村卓也、中安健太
  • 照明助手:松山智
  • デスク:白崎裕美子
  • 「惑星に水の木が立つ」翻訳・翻訳監修:遠藤朋之
  • 翻訳リライター:クレイグ・デール
  • 翻訳:甲斐菜穂美
  • 短歌翻訳:マイケル・フェスラー
  • 企画撮影協力:醍醐寺妙心寺大徳寺瑞峯院貴船神社
  • 特別協力:真澄寺別院「流響院」
  • 出演協力:大友良英
  • 資料協力:スタンフォード大学フーヴァー研究所、国土交通省東北地方整備局、国立国会図書館、公益財団法人川端康成記念会[1]、福島第一聖書バプテスト教会[2]、NPO法人ダンスアーカイヴ構想[3]大野一雄舞踏研究所[4]、文藝春秋、林義勝、田辺主
  • 協力:マイシャ、インプレオ、セブンスセンスニューヨーク、京都北山丸太生産協同組合、叡山電鉄、木下哲夫、児島宏子、鈴木余位、岡本小百合、森下三郎、井上昭洋、山中美咲、古屋武夫、竹内シャーロットみちゑ、ブライアン・エデンス、小山田サユリ
  • 企画協力:真如苑
  • スタジオ:プロセンスタジオ、NiTRo渋谷、インターセプター
  • 制作配給:HUGMACHIME
  • 製作:「幻を見るひと」製作委員会
  • 上映時間 = 107分
  • 完成年 = 2018年
  • 製作国 =   日本
  • 言語 = 日本語
  • 映倫121439
  • 公開 =   2018年11月24日
  • 劇場 = 東京都写真美術館ホール

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集