醍醐寺

日本の京都府京都市伏見区にある寺院。真言宗醍醐派の総本山

醍醐寺(だいごじ)は、京都市伏見区醍醐東大路町にある真言宗醍醐派総本山の寺院。山号を醍醐山(深雪山とも)と称し、本尊薬師如来。上醍醐の准胝堂(じゅんていどう)は、西国三十三所観音霊場第11番札所で本尊は准胝観世音菩薩。京都市街の南東に広がる醍醐山(笠取山)に200万坪以上の広大な境内を持ち、国宝重要文化財を含む約15万点の寺宝を所蔵する[1]豊臣秀吉による「醍醐の花見」が行われた地としても知られている。古都京都の文化財として世界遺産に登録されている。

醍醐寺
Daigoji Kyoto01s5s4110.jpg
金堂(国宝)
所在地 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
位置 北緯34度57分5.4秒 東経135度49分18.4秒 / 北緯34.951500度 東経135.821778度 / 34.951500; 135.821778座標: 北緯34度57分5.4秒 東経135度49分18.4秒 / 北緯34.951500度 東経135.821778度 / 34.951500; 135.821778
山号 醍醐山
深雪山(上醍醐寺)
宗派 真言宗醍醐派
寺格 総本山
本尊 薬師如来重要文化財
創建年 貞観16年(874年
開山 聖宝
札所等 西国三十三所第11番(上醍醐)
真言宗十八本山第12番
近畿三十六不動尊霊場第23番(上醍醐)
西国薬師四十九霊場第39番
役行者霊蹟札所
神仏霊場巡拝の道第126番(京都46番)
文化財 醍醐寺境内(史跡
金堂、五重塔、木造薬師如来及両脇侍像ほか(国宝
清滝宮本殿、絹本著色阿弥陀三尊像、木造薬師如来及両脇侍像ほか(重要文化財)
三宝院庭園特別史跡特別名勝
世界遺産
法人番号 6130005002163 ウィキデータを編集
醍醐寺の位置(京都市内)
醍醐寺
テンプレートを表示

札所本尊真言(准胝観音):おん しゃれい それい そんでい そわか

ご詠歌(上醍醐):逆縁(ぎゃくえん)ももらさで救う願(がん)なれば 准胝堂はたのもしきかな

歴史編集

平安時代初期の貞観16年(874年)、弘法大師空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝准胝観音ならびに如意輪観音を笠取山頂上に迎えて開山し、聖宝は同山頂付近を「醍醐山」と名付けた。醍醐とは、『大般涅槃経』などの仏典に尊い教えの比喩として登場する乳製品である。貞観18年(876年)には聖宝によって准胝堂と如意輪堂が建立されている。

醍醐寺は山深い醍醐山頂上一帯(上醍醐)を中心に、多くの修験者霊場として発展した。後に醍醐天皇が醍醐寺を自らの祈願寺とすると共に手厚い庇護を与え、延喜7年(907年)には醍醐天皇の御願により薬師堂が建立されている。その圧倒的な財力によって延長4年(926年)には醍醐天皇の御願により釈迦堂(金堂)が建立され、醍醐山麓の広大な平地に大伽藍「下醍醐」が成立し、発展した。理性院、三宝院(灌頂院)、金剛王院(現・一言寺)、無量光院、報恩院の醍醐五門跡から歴代座主が選ばれるなど大いに栄えていた。

その後、室町時代応仁の乱などで下醍醐は荒廃し、五重塔のみが残されるだけとなっていた。しかし、豊臣秀吉によって花見が醍醐寺で行われることに決まると、秀吉によって三宝院が再興されるなどし、伽藍が復興され始め、慶長3年(1598年)に「醍醐の花見」が盛大に行われた。

続いて、豊臣秀頼によって伽藍の整備が行われ、慶長5年(1600年)には秀吉の時代から行われていた金堂の移築工事が完成、慶長10年(1605年)には西大門の再建、慶長11年(1606年)には如意輪堂、開山堂、五大堂(現存せず)の再建が行われた。

明治時代の廃仏毀釈の際、数多くの寺院が廃寺となったり、寺宝が流失したりするなかで、醍醐寺はその寺宝を良く守り抜いて時代の荒波を切り抜けている。

1935年昭和10年)、霊宝館が開館した。1939年(昭和14年)8月、上醍醐を襲った山火事により短時間で経蔵、西国三十三所第11番札所の准胝堂が焼失するが、1968年(昭和43年)5月に准胝堂が再建された。

1995年平成7年)1月、兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)の影響で、五重塔、金堂などの漆喰が剥がれた。1997年(平成9年)9月、朱雀天皇の勅願で下醍醐に法華三昧堂として天暦3年(949年)に創建され、後に焼失した堂を真如三昧耶堂として建立した。

2008年(平成20年)8月24日、落雷による火災で上醍醐の准胝堂が全焼する。現在は焼失した准胝堂の西国三十三所札所が下醍醐の観音堂に仮に移されている。

伽藍編集

 
五重塔(国宝)

下醍醐と上醍醐は険しい山道で隔てられ、徒歩で1時間は要する。

下醍醐編集

本尊の薬師如来像を安置する金堂、三宝院などを中心に、上醍醐とは対照的に絢爛な大伽藍が広がる。応仁の乱でほぼ全焼し、その後も焼失と再建を繰り返しているが、五重塔は創建当時のまま現在に残る。また五重塔内部の壁画国宝に指定されており、壁画中の空海像は同人の肖像として現存最古のものである。

  • 金堂(国宝)
    入母屋造本瓦葺き。正面7間、側面5間。平安時代後期の建立。豊臣秀吉の発願により紀伊国から移築したもので、慶長3年(1598年)から移築を開始し、秀吉没後の慶長5年(1600年)、豊臣秀頼の代になって落慶している。『紀伊名所図会』等によると、当初は紀州国湯浅(現・和歌山県有田郡湯浅町)の満願寺(12世紀後半に建立された後白河法皇の御願寺)本堂であった。秀吉が紀州征伐を行った当時、湯浅一帯を支配していた守護畠山氏の家臣・白樫氏が満願寺一帯を拠点としており、その居城である白樫城(満願寺城)と共に焼き討ちされる予定であったが、ちょうど醍醐寺座主・義演が応仁の乱で大内氏に焼かれた醍醐寺金堂の再建を欲していたこともあり、満願寺の建築物を秀吉に差し出すことを条件にして焼き討ちが回避された経緯がある。部材には平安時代のものが残るが、堂が湯浅にあった鎌倉時代に改修を受けており、移築時の桃山時代の手法も混在する。組物が統一されておらず、正面が出三斗、側面と背面が平三斗という異例のデザインを持つのが特徴で、平三斗は創建当時のもの、正面の出三斗は鎌倉時代の補修の際に付け加えられたものと考えられている。立ちの高い入母屋屋根は近世風で、移築時の改修である。内部には本尊・薬師如来坐像(重要文化財)と日光菩薩月光菩薩四天王像を安置する。堂内は内陣と外陣(礼堂)の境に結界や間仕切りがなく、一体の空間とする点に特色がある。そもそもの醍醐寺金堂の創建は延長4年(926年)である。当初は釈迦堂と呼ばれていた。
  • 五重塔(国宝)
    平安時代の天暦5年(951年)建立。承平元年(931年)、その前年に亡くなった醍醐天皇の冥福を祈るために第三皇子の代明親王が発願し、穏子皇太后令旨で建立が計画された。しかし、承平7年(937年)の代明親王の死去などの影響で工事は停滞し、朱雀天皇が引き継ぐも、村上天皇の天暦5年(951年)、発願の20年後に完成した。総高38メートル。うち相輪部が12.8メートルで、全体の3割以上を占める。屋根の逓減率が大きく[2]、塔身の立ちが低いため、後世の塔のような細長いプロポーションにはならない。創建以来修理を重ねたが、特に天正13年(1586年)の天正地震では一部の軒が垂れ下がるなどの甚大な被害を受けたため、豊臣秀吉の援助で慶長3年(1597年)に修理が完成している。1950年昭和25年)のジェーン台風でも被害を受け、1960年(昭和35年)に修理が完成した。京都府下最古の木造建造物であり、京都に残る数少ない平安時代建築として貴重であると共に、初重内部の両界曼荼羅と真言八祖を表した壁画も平安絵画の遺品として重要であり、塔本体とは別に「絵画」として国宝に指定されている。
  • 西大門(仁王門) - 慶長10年(1605年)豊臣秀頼による再建。
  • 清瀧宮本殿(重要文化財) - 永長2年(1097年)に創建。永正14年(1517年)に再建。本殿の西側は塔頭・無量光院の跡地。
    • 拝殿 - 慶長4年(1599年)建立。
  • 不動堂 - 堂前で柴燈護摩が焚かれる。
  • 真如三昧耶堂 - 真如苑の開祖・伊藤真乗が興した密教法流「真如三昧耶流」を顕彰するため醍醐寺により1997年平成9年)建立[3]。金色の涅槃像を祀る。もとは朱雀天皇の御願による法華三昧堂として天暦3年(949年)に創建されたものだが、享徳19年(1470年)に焼失している。
  • 祖師堂 - 向かって右に弘法大師(空海)、左に理源大師(聖宝)を祀る。慶長10年(1605年)9月、座主・義演准后の建立。
  • 旧阿闍梨寮 - 1930年(昭和5年)、山口玄洞による建立。
  • 旧伝法学院 - 1930年(昭和5年)、山口玄洞による建立。
  • 日月門 - 1930年(昭和5年)、山口玄洞による建立。
  • 鐘楼 - 1930年(昭和5年)、山口玄洞による建立。
  • 観音堂(旧・大講堂) - 1930年(昭和5年)、山口玄洞による建立。本尊は丈六の阿弥陀如来坐像であるが、現在は焼失した上醍醐の准胝堂の西国三十三所札所が仮に移されており、「観音堂」と改称されていて、堂内に納経所[4] がある。入り口は向かって左後ろにある。観音堂を中心とする一帯は大伝法院とも呼ばれる。
  • 弁天堂 - 1930年(昭和5年)、山口玄洞による建立。林泉の北東岸に建てられている。
  • 庭園「無量寿苑」
  • 三宝院 - 永久3年(1115年)に醍醐寺第14世座主勝覚僧正により金堂のすぐ西側に創建され、後に現在地に復興された。歴代座主が居住する本坊的な存在。唐門と表書院は国宝。庭園は特別史跡及び特別名勝。詳しくは三宝院及び醍醐寺三宝院庭園の項目を参照。
  • 理性院 - 塔頭。別格本山。
  • 桜馬場
  • 霊宝館 - 1935年(昭和10年)に開館。7万5千点以上の国宝や重要文化財を含む約10万点以上に及ぶ寺宝を収蔵している。
    • 本館
    • 平成館
    • 仏像棟
    • 醍醐大しだれ桜 - 樹齢180年。
  • 報恩院 - 塔頭。もとは上醍醐にあった極楽坊。後宇多法皇の命で下醍醐に移転し、明治時代に現在地に移る。
  • 光台院 - 塔頭。
  • 伝法学院
  • 総門

上醍醐編集

 
山頂に並ぶ開山堂と如意輪堂

長らく西国三十三所第11番札所が存在し、西国一険しい札所として知られた。上り口にはかつて女人結界があったことから女人堂が置かれ、そこから険しい山間に入る。平安時代のままに残る国宝の薬師堂、醍醐寺の鎮守神である清瀧権現拝殿、准胝堂跡、五大堂などが立ち並ぶ。上醍醐には有名な「醍醐水」が今も湧き出ている他、醍醐山山頂(標高450m)には、如意輪堂と開山堂が並ぶ。山頂から笠取山に向かう途中に奥の院がある。

  • 女人堂(成身院) - 江戸時代初期の再建。上醍醐への入山料の支払所がある。これより19丁(2.6km)約1時間の軽登山となる。
  • 花見御殿跡 - 槍山と呼ばれるこの場所でも「醍醐の花見」が行われた。
  • 音羽魔王大権現社
  • 摂受庵 - 客殿と寺務所。
  • 清瀧宮本殿- 空海が長安青龍寺から勧請した密教の守護神を祀った醍醐寺の鎮守社。創建は寛治2年(1088年)12月。
  • 横尾大明神
  • 醍醐水 - 聖宝が感得し、醍醐寺の名前の由来となったといわれる霊泉。
  • 准胝堂跡 - 貞観18年(876年)、聖宝によって如意輪堂と共に創建された。西国三十三所第11番札所。1968年(昭和43年)に再建された堂は落雷により2008年(平成20年)8月24日に焼失した。再建までの間は西国札所は下醍醐の観音堂(大講堂)に仮に移されており、納経も下醍醐だけで行っている。
  • 柏木稲荷大明神
  • 薬師堂(国宝) - 醍醐天皇の勅願により、聖宝が延喜13年(913年)に天皇の御願堂として創建する。現存の堂は保安2年(1121年)の建立。入母屋造、檜皮葺き。正面5間、側面4間。側面の柱間4間のうち、中央の2間が狭く、前寄りと後寄りの各1間が広いのは珍しい。内部には薬師三尊像(国宝)、閻魔天像、帝釈天像、千手観音像(以上は重要文化財)などを安置していたが、現在は全て下醍醐の霊宝館に移されている。
  • 五大堂 - 聖宝が鎮護国家の祈願道場として延喜13年(913年)に創建。慶長11年(1606年)に豊臣秀頼によって再建された。現在の堂は1940年(昭和15年)の再建。
  • 鐘楼
  • 如意輪堂(重要文化財) - 貞観18年(876年)、聖宝によって准胝堂と共に創建された。慶長11年(1606年)に豊臣秀頼により再建。懸造りとなっている。
  • 開山堂(重要文化財) - 延喜11年(911年)に醍醐寺初代座主観賢によって創建。当初は御影堂と呼ばれていた。慶長11年(1606年)に豊臣秀頼により再建。内陣の厨子には理源大師(聖宝)坐像などが安置されている。
  • 縁結白山大権現
  • 地蔵堂
  • 白河天皇皇后賢子上醍醐陵 - 宮内庁の管理下にある。
  • 奥の院・洞窟 - 開山堂の奥にある一の鳥居から二の鳥居、三の鳥居を経て約30分、左へ少し行くと浅い洞窟の奥の院、右へ進むと「東の覗き」で下は断崖絶壁となっている。

年中行事編集

様々な行事が毎月行われる[5]。屋外での壮大な柴燈護摩(さいとうごま)は聖宝が始めたと伝わり、醍醐寺でも折々に行われる。五大明王の功徳を讚える2月23日の「五大力尊仁王会」(ごだいりきそんにんのうえ)は、150kg(女性は90kg)という巨大な鏡餅を持ち上げる力比べが行われることで有名であり、当日に備えて練習に励む信徒もいる[6]。豊臣秀吉の「醍醐の花見」にちなむ豊太閤花見行列(4月第二日曜日)、施餓鬼法要などからなる8月の万灯会(まんとうえ)なども多くの参拝者や観光客が訪れる。

文化財編集

 
五重塔壁画 大日如来(心柱西面)
 
五大尊のうち不動明王(国宝)
 
文殊渡海図(国宝)

国宝編集

建造物
  • 金堂
  • 五重塔
  • 清滝宮拝殿(上醍醐)
  • 薬師堂(上醍醐)
  • 三宝院唐門
  • 三宝院表書院
絵画
  • 絹本著色五大尊像
  • 絹本著色文殊渡海図
  • 絹本著色訶梨帝母
  • 絹本著色閻魔天
  • 五重塔初重壁画(板絵著色)18面
    • 両界曼荼羅図 心柱覆板絵4、羽目板絵7
    • 真言八祖像(善無畏を欠く)羽目板絵7
    • 附 両界曼荼羅図(旧四天柱絵2本、羽目板絵断片4面)
  • 紙本著色絵因果経
彫刻
  • 木造薬師如来及両脇侍像(旧上醍醐薬師堂安置)
  • 木造虚空蔵菩薩立像[7]
書跡・典籍、古文書

重要文化財編集

建造物
  • 清滝宮本殿(下醍醐)
  • 如意輪堂(上醍醐)
  • 開山堂(上醍醐)
  • 三宝院殿堂(玄関、勅使の間・秋草の間・葵の間、庫裏、宸殿、純浄観、護摩堂)
  • 三宝院宝篋印塔
絵画
  • 絹本著色阿弥陀三尊像
  • 絹本著色大日金輪像(1902年重文指定、98.2×60.9 cm)
  • 絹本著色大日金輪像(1941年重文指定、96.4×83.3 cm)
  • 絹本著色虚空蔵菩薩像
  • 絹本著色地蔵菩薩
  • 絹本著色普賢延命像
  • 絹本著色弥勒菩薩
  • 絹本著色大元帥明王像(卅六臂、八臂、四臂)3幅・毘沙門天像・伝釈迦曼荼羅図・虚空蔵曼荼羅図(大元帥法本尊像)
  • 絹本著色愛染明王
  • 絹本著色金剛夜叉明王
  • 絹本著色大威徳明王
  • 絹本著色五秘密像
  • 紙本墨画不動明王像 5幅
  • 紙本墨画密教図像 39点(明細は後出)
  • 絹本著色山水屏風 六曲屏風一隻
  • 絹本著色仁王経曼荼羅図
  • 絹本著色般若菩薩曼荼羅図
  • 絹本著色弥勒曼荼羅図
  • 絹本著色両界曼荼羅図
  • 絹本著色六字経曼荼羅図
  • 紺絹金泥六字経曼荼羅図
  • 紙本著色十巻抄(第十巻補写)
  • (2020年度指定予定)絹本著色満済像(土佐行広筆、自賛及び永享六年の自筆開眼供養裏書)、絹本著色義賢像、絹本著色義堯像(天正十三年義演の開眼供養裏書)、絹本著色義演像(寛永四年堯円の開眼供養裏書)、絹本著色覚定像[11](官報告示を経て正式指定となる)
  • 金地著色扇面散図 伝俵屋宗達筆 二曲屏風一双
  • 金地著色舞楽図 俵屋宗達筆 二曲屏風一双
  • 紙本著色調馬図 六曲屏風一双
  • 紙本墨画芦鴨図 俵屋宗達筆(二面衝立)
  • 三宝院障壁画 72面(明細は三宝院の項を参照)
彫刻
 
木造金剛力士立像
  • 木造薬師如来及両脇侍像(金堂安置)
  • 銅造阿弥陀如来坐像
  • 木造阿弥陀如来坐像
  • 木造千手観音立像
  • 木造如意輪観音坐像
  • 木造地蔵菩薩立像
  • 木造弥勒菩薩坐像 快慶作(三宝院本堂安置)
  • 木造閻魔天像
  • 木造吉祥天立像
  • 木造金剛力士立像(所在西大門) - 1134年造立
  • 木造帝釈天騎象像
  • 木造五大明王像(旧三宝院護摩堂安置)
  • 木造不動明王坐像 快慶作
  • 木造不動明王坐像
  • 木造五大明王像(上醍醐五大堂安置)[12]
  • 木造理源大師坐像(開山堂安置)
工芸品
  • 金銅仏具(如意、九鈷杵、五鈷鈴、金剛盤)
  • 金銅両界曼荼羅
  • 石燈籠 弘安八年(1285年)銘(上醍醐清滝宮本殿前)
  • 線刻阿弥陀五仏鏡像
  • 線刻如意輪観音等鏡像
  • 鍍金輪宝羯磨紋戒体筥
  • 沃懸地螺鈿説相箱(いかけじらでんせっそうばこ) 一双
  • 螺鈿如意
書跡・典籍、古文書

典拠:2000年(平成12年)までの指定物件については、『国宝・重要文化財大全 別巻』所有者別総合目録・名称総索引・統計資料(毎日新聞社、2000年)による。2001年以降の指定物件については個別に注記。

※三宝院唐門、三宝院表書院、三宝院殿堂、三宝院宝篋印塔、三宝院障壁画の国宝2件、重要文化財3件は宗教法人三宝院の所有であり、宗教法人醍醐寺が文化財保護法に基づく管理団体に指定されている。[13]

特別名勝・特別史跡編集

  • 醍醐寺三宝院庭園

国の史跡編集

  • 醍醐寺境内 - 指定区域には栢杜遺跡(伏見区醍醐柏森町)を含む[14]

近代以降に焼失した文化財編集

  • (旧)五大堂(上醍醐) - 旧国宝建造物。1932年(昭和7年)4月3日、護摩の火が屋根に燃え移り焼失、1940年(昭和15年)再建。
  • 経蔵(上醍醐) - 旧国宝建造物。1939年(昭和14年)8月29日、山火事が飛び火して焼失。
  • 指定文化財ではないが、上醍醐の准胝堂(1968年(昭和43年)再建)は2008年(平成20年)8月24日、落雷による火災で焼失。再建が検討されている[15]

その他指定・選定編集

教育機関編集

 
五重塔を拝む境内仏閣を巡拝中の僧侶。醍醐寺には仏道を学ぶ若い僧侶が多い。

施設編集

  • 醍醐寺文化財研究所
  • 霊宝館

新宗教団体との関係編集

醍醐寺は戦後、真言宗醍醐派から独立した真言宗系新宗教である真如苑解脱会等と現在でも密接な関係を持っている。

解脱会の創始者・岡野聖憲は、醍醐寺三宝院にて出家得度。死後、醍醐寺から「解脱金剛」の諡号が贈られている[16]。解脱会は伊勢神宮橿原神宮泉涌寺を三聖地としているが、醍醐寺にも集団参拝を行う。

真如苑の開祖・伊藤真乗は、醍醐寺で恵印灌頂伝法灌頂を畢めており、1966年(昭和41年)には大僧正位が贈られている。醍醐寺は1997年(平成9年)、真乗の興した密教法流「真如三昧耶流」を顕彰する「真如三昧耶堂」を境内に建立した[16][3]。真如苑の法要には、醍醐派管長をはじめ、醍醐寺の僧侶が招待されることがある。

新明国上教会は不動明王を「新明国上心様」とし、「真言宗醍醐派修験道宿河原教会」(通称「宿河原不動尊」)となって真言宗醍醐派に所属していた[17]

前後の札所編集

西国三十三所
10 三室戸寺 -- 11 醍醐寺(上醍醐・准胝堂) -- 12 岩間寺正法寺
真言宗十八本山
11 随心院 -- 12 醍醐寺 -- 13 宝山寺
近畿三十六不動尊霊場
22 北向山不動院 -- 23 醍醐寺(上醍醐・五大堂) -- 24 岩屋寺
西国薬師四十九霊場
38 法界寺 -- 39 醍醐寺 -- 40 雲龍院
役行者霊跡札所
神仏霊場巡拝の道
125 平等院 -- 126 醍醐寺 -- 127 毘沙門堂

周辺編集

アクセス編集

下醍醐の伽藍、上醍醐の入山それぞれに有料エリアがある[18]

京阪バスによるアクセスが確保されている。2号経路を除き京阪バス山科営業所の管轄。

  • 山科駅(JR・京阪・地下鉄)より、京阪バス29A号経路「醍醐寺」下車すぐ。または、京阪バス22・22A・24・24A号経路「醍醐寺前」下車すぐ。
  • 地下鉄醍醐駅より、徒歩10分(パセオ・ダイゴロー東館2階から続く「緑道」を使う)。または醍醐コミュニティバス4号路線「醍醐寺前」下車すぐ。
  • 六地蔵駅京阪JR地下鉄)より、京阪バス22・22A号経路「醍醐寺前」下車すぐ。
  • 京都駅八条口より、京阪バス301号経路「醍醐寺」下車すぐ。
  • 竹田駅より京阪バス2号経路「醍醐寺前」下車すぐ(この経路のみ京阪バス洛南営業所による管轄)。
  • 三条京阪四条河原町五条京阪より、京阪バス86号・86B号経路「醍醐寺前」下車すぐ。
  • 上醍醐寺へは下醍醐寺の女人堂から山道を約1時間。
    • かつては横嶺峠の駐車場からの比較的楽なルートもあったが、現在は通行不可になっている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 寺宝/文化財.醍醐寺(2019年9月16日閲覧)
  2. ^ 仏塔の屋根は、初重が最も大きく、二重、三重と上へ行くにしたがって次第に小さくなるが、その減少率が大きいという意。
  3. ^ a b 読売新聞』1995年9月11日
  4. ^ 総本山醍醐寺、真言宗十八本山神仏霊場会西国三十三所第11番札所、近畿三十六不動尊第23番、西国薬師四十九霊場第39番、役行者霊蹟札所の納経を扱っている
  5. ^ 醍醐寺の年中行事一覧(2018年2月25日閲覧)
  6. ^ 田中美枝子「餅上げ道場 師範は横綱◇京都・醍醐寺で力を競い奉納 31人の教え子が優勝◇」『日本経済新聞』朝刊2018年2月20日
  7. ^ 平成27年9月4日文部科学省告示第134号
  8. ^ 平成25年6月19日文部科学省告示第105号
  9. ^ 平成29年9月15日文部科学省告示第114号
  10. ^ 国宝・重要文化財の指定について(文化庁サイト)
  11. ^ 文化審議会答申 ~国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定及び登録有形文化財(美術工芸品)の登録について~”. 文化庁. 2020年3月19日閲覧。
  12. ^ 2004年に「木造大威徳明王像 1躯 附・木造不動明王・降三世明王軍荼利明王、金剛夜叉明王像 4躯」として重要文化財に指定されたが、2009年に附指定の4躯を本指定に格上げし、指定名称も「木造五大明王像 5躯」となった。(平成16年6月8日文部科学省告示第112号、平成21年7月10日文部科学省告示第108号)
  13. ^ 管理団体指定告示は、昭和52年4月25日文化庁告示第8号及び第9号
  14. ^ 『図説日本の史跡 5 古代2』、同朋舎出版、1991、p.122
  15. ^ 西国三十三観音霊場第十一番、准胝観世音菩薩ご開扉法要醍醐寺(2018年2月25日閲覧)
  16. ^ a b 井上順孝『世界宗教百科事典』丸善出版(2012/12) P426~7
  17. ^ 新明国上教会の由来について宗教法人新明国上教会
  18. ^ 拝観のご案内醍醐寺(2018年2月25日閲覧)

参考文献編集

外部リンク編集