メインメニューを開く

モントリオール世界映画祭

モントリオール世界映画祭(モントリオールせかいえいがさい、Festival des Films du Monde - Montréal)は、毎年8月下旬から9月初頭にかけてカナダモントリオールで開かれる国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭1977年から開催されており、トロント国際映画祭と並び北米最大規模の映画祭である。創設者は選定ディレクターでもあるセルジュ・ロジーク。

モントリオール世界映画祭
イベントの種類 映画祭
初回開催 1977年
会場 モントリオール
公式サイト

概要編集

近年[いつ?]は、8月末から9月初旬に行われるヴェネツィア国際映画祭、9月に開催されるトロント国際映画祭と開催時期が重なるようになり、ワールドワイドな求心力を失いつつある。しかし、それらの映画祭を上回る例年350以上の作品が上映され、来場者数250,000人はトロントの321,000人に及ばないもののヴェネツィアの174,000人を凌ぐ規模を維持している。ただしモントリオールはフランス語圏であるためフランス映画の出品が多く、アメリカ映画の出品は少ない。

最優秀作品賞受賞作品編集

開催年 題名
原題
監督 制作国
1977年
(第1回)
1978年
(第2回)
Ligabue サルヴァトーレ・ノティカ   イタリア
1979年
(第3回)
1 + 1 = 3 ハイディ・ゲネー   西ドイツ
1980年
(第4回)
スタントマン
The Stunt Man
リチャード・ラッシュ   アメリカ合衆国
Fontamara カルロ・リッツァーニ   イタリア
1981年
(第5回)
The Chosen ジェレミー・ケーガン   アメリカ合衆国
1982年
(第6回)
スティング/ブリムストン&トリークル
Brimstone & Treacle
リチャード・ロンクレイン   イギリス
Tiempo de revancha アドルフォ・アリスタライン   アルゼンチン
1983年
(第7回)
未完の対局 佐藤純彌
段吉順
  日本/  中国
1984年
(第8回)
エル・ノルテ 約束の地
El Norte
グレゴリー・ナヴァ   アメリカ合衆国
1985年
(第9回)
わが父パードレ・ヌエストロ
Padre nuestro
フランシスコ・レゲーロ   スペイン
1986年
(第10回)
ベティ・ブルー
37°2 le matin
ジャン=ジャック・ベネックス   フランス
1987年
(第11回)
ケニー
Kenny
クロード・ガニオン   カナダ/  アメリカ合衆国/  日本
1988年
(第12回)
読書する女
La Lectrice
ミシェル・ドヴィル   フランス
1989年
(第13回)
自由はパラダイス
S.E.R. - Svoboda eto rai
セルゲイ・ボドロフ   ソビエト連邦
1990年
(第14回)
豚と天国
Caídos del cielo
フランシスコ・ロンバルディ   ペルー/  スペイン
1991年
(第15回)
サーモンベリー
Salmonberries
パーシー・アドロン   西ドイツ
1992年
(第16回)
El lado oscuro del corazón エリセオ・スビエラ   アルゼンチン/  カナダ
1993年
(第17回)
Trahir ラデュ・ミヘイレアニュ   フランス/  ルーマニア
1994年
(第18回)
ワンス・ウォリアーズ
Once Were Warriors
リー・タマホリ   ニュージーランド
1995年
(第19回)
ジョージア
Georgia
ウール・グロスバード   アメリカ合衆国/  フランス
1996年
(第20回)
ディファレント・フォー・ガールズ
Different for Girls
リチャード・スペンス   イギリス
1997年
(第21回)
運動靴と赤い金魚
بچه‌های آسمان
マジッド・マジディ   イラン
1998年
(第22回)
The Quarry マリオン・ヘンセル   スイス/  ベルギー
最後通告
Vollmond
フレディ・M・ムーラー   スイス/  フランス/  ドイツ
1999年
(第23回)
太陽は、ぼくの瞳
رنگ خدا
マジッド・マジディ   イラン
2000年
(第24回)
もういちど
Innocence
ポール・コックス   オーストラリア/  ベルギー
ムッシュ・カステラの恋
Le goût des autres
アニエス・ジャウィ   フランス
2001年
(第25回)
少女の髪どめ
باران
マジッド・マジディ   イラン
捨てられて
Torzók
ショプシチ・アールパード   ハンガリー
2002年
(第26回)
わたしの一番幸せな日
Il Più Bel Giorno Della Mia Vita
クリスティーナ・コメンチーニ   イタリア
2003年
(第27回)
Kordon ゴラン・マルコヴィック   セルビア・モンテネグロ
2004年
(第28回)
シリアの花嫁
The Syrian Bride
エラン・リクリス   イスラエル/  フランス/  ドイツ
2005年
(第29回)
ザ・ホステージ
Off Screen
ピーター・クイパース   オランダ/  ベルギー
2006年
(第30回)
長い散歩 奥田瑛二   日本
O Maior Amor do Mundo カルロス・ディエギス   ブラジル
2007年
(第31回)
ハンドルネームはベンX
Ben X
ニック・バルサザール   ベルギー/  オランダ
ある秘密
Un secret
クロード・ミレール   フランス
2008年
(第32回)
おくりびと 滝田洋二郎   日本
2009年
(第33回)
Korkoro トニー・ガトリフ   フランス
2010年
(第34回)
Adem ハンス・ヴァン・ヌッフェル   ベルギー
2011年
(第35回)
COME AS YOU ARE ありのままで
HASTA LA VISTA
ジョフリー・エントーヴェン   ベルギー
2012年
(第36回)
Where The Fire Burns イスマイル・グーンス   トルコ
2013年
(第37回)
カラカラ
KARAKARA
クロード・ガニオン   日本/  カナダ
幸せのありか
Chce sie zyc
マチェイ・ピェプシツァ   ポーランド
2014年
(第38回)
Perfect Obedience ルイス・ウルキザ   メキシコ
2015年
(第39回)
マッド・ラブ
Mad Love
フィリップ・ラモス   フランス
2016年
(第40回)
ザ・コンスティテューション
The Constitution
ライコ・グゥルリッチ   クロアチア
2017年
(第41回)
アンド・サドゥンリー・ザ・ダウン
And suddenly the dawn
  チリ
2018年
(第42回)
カーティス
Curtiz
  ハンガリー

日本作品の受賞編集

脚注編集

外部リンク編集