幼形進化(ようけいしんか、英語pedomorphosispaedomorphosisjuvenification)は発生生物学において、祖先の幼体にのみ見られる特徴的な姿で成熟を迎える表現型及び遺伝子型の変化である。これは、個体成長の短縮や発育の遅滞によってもたらされ[1]付加的進化とは逆方向の進化である。幼形進化は1922年イギリス動物学者ウォルター・ガースタングWalter Garstang)が初めて提唱した[2]。その基礎となるメカニズムは異時性(ヘテロクロニー、heterochrony)である。

幼形進化は幾つかの要素が独立に、或いは複合して発現しうる。代表的なものを以下に示す。

幼形進化は人間と共存している動物、例えばイヌニワトリブタウシなど数多くの種で見られる。それは、従順さなどのような幼体の行動の特質を利用するための人為選択品種改良の側面的な影響があると信じられている[3]

動物相編集

自然に発生する幼形進化は両生類、特に トラフサンショウウオ科ホライモリ科Proteidae)のサンショウウオの仲間によく見られる。両生類の中では恒例の、ないしは条件的なものもありうる。例えばサンショウウオには、大人になってもえらを保つものがあり、これは他の両生類には稀である。これらのサンショウウオも過去の時点では、えらを失っていたと考えられるが、進化に有利であるか、あるいは影響を及ぼさないため、いくらかの遺伝子の変化でえらを保持したものと思われる。両生類における幼形進化を示す種の調査の例はアメリカ・オレゴン州クレーターレイクにおけるブラウンサラマンダーNorthwestern Salamander)の個体数調査がある[4]。 幼形進化はまた、シロアリや数種のゴキブリでも確認される。

植物相編集

幼形進化はある植物でも認められ、素早く環境変動に適応するためであると考えられる。一例としてオーストラリアからニュージーランドに達した、より分化した創始者集団であるOreostylidiumのある植物が挙げられる。そのは典型的に特定の1種の送粉者と結び付くが、送粉者はその花に限定されない。この新しい送粉者の圧力の欠如は、その植物が未成熟な状態から急速に性的に成熟する進化を遂げることを可能とし、幼形進化を強めるという仮説がある[5]

脚注編集

  1. ^ 池谷仙之・北里洋『地球生物学-地球と生命の進化』(東京大学出版会、2005年5月20日第3刷発行、ISBN 4-13-062711-2
  2. ^ Garstang, W. (1922) The Theory of Recapitulation: a critical Re-statement of the Biogenetic Law. Linn. Soc. Jour. Zool., XXXV, pp. 81-101
  3. ^ Trut, Lyudmila N (1999), “"Early Canid Domestication: The Farm-Fox Experiment"”, American Scientist 87 (2): 160–169, http://www.floridalupine.org/publications/PDF/trut-fox-study.pdf 。 (40年間に及ぶアカギツネを飼い慣らすプログラムによるロシアの幼形進化に関する研究)
  4. ^ C. Michael Hogan (2008) Rough-skinned Newt (Taricha granulosa), Globaltwitcher, ed. Nicklas Stromberg
  5. ^ Wagstaff, S J; Wege, J (2002), “Patterns of diversification in New Zealand Stylidiaceae”, American Journal of Botany 89 (5): 865–874, doi:10.3732/ajb.89.5.865, http://www.amjbot.org/cgi/content/full/89/5/865 .