メインメニューを開く

幽霊電車(ゆうれいでんしゃ)は、かつて東京都で運行していた玉川電車東急玉川線)にまつわる怪談

砂利輸送用に使用されていた玉川電車が旅客を乗せるようになった頃のこと。終電車がとうに出てしまったある夜。渋谷区で玉川電車の線路上を、1人の女性を乗せた電車が走っていた。通りがかりのある者が最寄りの停留所まで走って追いかけたところ、その電車は安全地帯に着くやいなや、車両も女性もまるごと忽然と姿を消してしまったという。

『ゲゲゲの鬼太郎』シリーズでの幽霊電車編集

貸本時代から『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する幽霊電車は、鬼太郎の術で作られた幻影として描かれる。沿線に原作者である水木しげるの住所がある京王線新宿駅多磨霊園駅)が舞台となっており、テレビアニメでは、幽霊電車の車両デザインは京王帝都電鉄時代に実在した旧型車両がモチーフとなっている。鬼太郎は妖怪はいないとバカにした人間に殴られ瘤ができ、「同じ大きさの瘤でお返しする」と宣言、直後にその人間たちが乗った臨時列車が幽霊電車だった展開(恐怖のあまり飛び降りた人間は鬼太郎と同じ場所に同じ大きさの瘤ができていて、しかも乗っていたのはゴミ捨て場の廃棄車両だった)。

アニメ版や派生作品のシリーズによっては以下の様に、鬼太郎の幻術の枠を超える怪奇要素が加えられている。

  • 第3作:乗った2人は終着駅のホームで駅員に起こされ、駅長から「昔、臨時列車の時間帯に死者を多数出した列車事故があり、その時間に幽霊電車が現れる噂が立った」と聞かされる。
  • 第5作:死んで幽霊になったがそれに気付いていない人物と、その人物を殺害した犯人を乗せて真相に気付かせる(幽霊になった人物は自分の死を知り、犯人は逮捕された)。
  • 第6作:生前にパワハラの限りを尽くし多くの人々を死に追いやり、被害者達の霊によって駅のホームから突き落とされ電車に撥ねられ死亡するも、自分の死に気付かずあの世に行こうとしない人物の幽霊を地獄(終点)へ導く。
  • 妖怪千物語:ねずみ男から不思議な力が使えるペンダントを買った少年は人気を得るが、その力は自らの寿命と引き換えだった。鬼太郎に幽霊列車に乗せられ、終着駅までにペンダントを手放すように警告されるが、手放さぬまま終着駅に降り自分の寿命の蝋燭が燃え尽きようとするのを見る。咄嗟に隣の蝋燭に炎を移し生き長らえるが、その蝋燭は彼の母親のもので、母親が身代わりに事故死した。

その他、ポプラ社から刊行された『水木しげるのお化け学校』にも原作エピソードを基にした「ゆうれい電車」というエピソードが存在するが、タイトルこそ電車と銘打ってるものの該当車両は蒸気機関車である。

なお、起点の新宿駅と終点の多磨霊園駅以外の駅は全て架空の駅(駅名は葬式の過程)である。

またシリーズによっては臨終駅が無くなり火葬場駅から始まっていたり、終点が多磨霊園駅ではなく奥多摩霊園駅、村山霊園駅といった架空の名前になったり、地獄駅、墓場駅に変わる事がある。

駅一覧

参考文献編集