メインメニューを開く
一例(JR東日本、2007年)

広告貸切列車(こうこくかしきりれっしゃ)とは広告がすべて一社で統一された列車鉄道車両)のことである。メディアプロモーション方法の一つであり、主に利用者の多い大都市圏鉄道路線で運行される。

特徴編集

1社の広告主(クライアント)で中吊りポスター・ドア横のポスター・窓のステッカーなどの車内媒体を貸し切るが、近年では座席(シート)や吊り革なども広告媒体として特別装飾されるものもある。しかし、費用が大きくかかることもあり、広告主は主に放送局飲料メーカーなど、大手企業に限定される傾向が強い[要出典]

その他、大学専門学校不動産会社など、同業種が合同で行う場合もある。

また、運行される鉄道会社によっては、車両の前面にヘッドマークを取り付けたり、車体へラッピングを施すなど、他の編成と差別化が図られる場合も多い。なお、東急や京急の様に広告貸切専用編成を用意している鉄道会社では、広告主がいない期間はグループ会社や広報関連のポスターを掲出している。

主な広告貸切列車編集

北海道

首都圏

関西圏

関連項目編集