メインメニューを開く

広江駅(ひろええき)は、現在の岐阜県岐阜市加納南広江町に存在した、名古屋鉄道名古屋本線である。

広江駅
MT-Hiroe Station (trace) 2.JPG
踏切奥に豊橋方面、手前に岐阜方面のホームがあった。奥に見えるプラットホームは加納駅。
ひろえ
HIROE
加納駅 (0.4km)
(0.7km) 新岐阜
所在地 岐阜県岐阜市加納南広江町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 名古屋本線
キロ程 99.1km(豊橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1914年(大正3年)6月2日
廃止年月日 1968年(昭和43年)1月7日
テンプレートを表示

歴史編集

概況編集

  • 美濃電気鉄道笠松線(現名古屋鉄道名古屋本線の一部)の始発駅として開業した。新岐阜駅(現名鉄岐阜駅)が開業した後も、特急急行も停車する駅であった。
  • 1958年名鉄一宮駅方の安良田町駅(1944年営業休止)が加納駅として営業を再開。加納駅は急行停車駅として設備を一新して再開業したため、2両分の大きさのプラットホームしかなかった広江駅は普通列車のみが停車する駅へ格下げとなった。以降は、一部の普通も通過設定があった。

現在編集

  • 下り側のプラットホーム跡は残骸が残っている。上り側には小さな駅舎が存在したが、現在は撤去され、その跡には信号機器箱などが設置されている。

隣の駅編集

美濃電気軌道
笠松線(開業時)
安良田町駅 - 広江駅
笠松線(1914年12月26日・当駅 - 新岐阜間開業)
安良田町駅 - 広江駅 - 加納駅(初代)
名古屋鉄道
名岐線(1942年4月1日・この日までに加納駅廃止)
安良田町駅 - 広江駅 - 新岐阜駅
名岐線(1944年・安良田町駅が営業休止)
茶所駅 - 広江駅 - 新岐阜駅
名古屋本線(1958年1月10日・安良田町駅が加納駅として営業再開後、以降廃止まで)
加納駅(2代) - 広江駅 - 新岐阜駅

初代の加納駅は新岐阜駅方にあった。現在(2代目)の加納駅は名鉄一宮駅方にある安良田町駅が営業再開したもの。新岐阜駅は当駅廃止後に名鉄岐阜駅となっている。

関連項目編集