庵谷峠

富山県富山市にある峠

庵谷峠(いおりたにとうげ、いおりだにとうげ[1])とは、富山県富山市にある峠である。標高は320m。

庵谷峠
所在地 日本の旗 日本 富山県富山市
座 標 北緯36度30分4.7秒 東経137度14分31.0秒 / 北緯36.501306度 東経137.241944度 / 36.501306; 137.241944座標: 北緯36度30分4.7秒 東経137度14分31.0秒 / 北緯36.501306度 東経137.241944度 / 36.501306; 137.241944
標 高 320 m
山 系 飛騨高地
通過路 国道41号
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
川瀬巴水『越中庵谷峠』(1923年・大正12年)

特徴編集

明治時代にになり、旧飛騨街道である小菅峠の代わりに作られた峠で、庵谷トンネル完成前までの県道富山岐阜線→国道155号(現・国道41号)の旧道であった[2]

跡津川断層の影響で東側に「つ」の字状に蛇行した神通川片路峡)に三方を囲まれている。その地形ゆえに神通峡など周囲の展望が良く、庵谷峠展望台も設置されている[3]

かつては庵谷峠周辺で銀を産出していた。

参考文献編集

『富山県山名録』桂書房

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 角川日本地名大辞典 16 富山県』(昭和54年10月8日、角川書店発行)92ページ
  2. ^ 『細入村史 通史編(上巻)』(1987年3月1日、細入村発行)652 - 660ページ。
  3. ^ 富山の風景

関連項目編集