メインメニューを開く

由緒編集

曽我物語』の虎御前縁の寺として知られ、曾我祐成曾我時致兄弟を追善するため、虎御前が法虎庵・曽我堂を建て、跡地に慶長4年(1599年)、身延山19世法主法雲院日道により、開かれた。

境内編集

  • 本堂

歴代編集

  • 法雲院日道

祭事編集

虎御石まつり(5月第3日曜日

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集