建国門(けんこくもん)は、かつて北京にあった城壁(内九外七)を1939年に日本軍が壊して作った通り道の穴のことで、1940年に「後明門」と名づけられたが、1945年に国民政府により「建国門」と改められた。付近は三里屯と並ぶ大使館街として知られる。

北京古代天文台から眺めた建国橋と、建国門外外交公寓(右)
建国門の位置(北京市街内)
建国門
建国門
紫禁城
紫禁城
天壇
天壇
頤和園
頤和園
建国門の位置(北京市)

周辺施設編集

最寄駅編集

参照編集

関連項目編集

座標: 北緯39度54分26.34秒 東経116度25分45.12秒 / 北緯39.9073167度 東経116.4292000度 / 39.9073167; 116.4292000