建国門駅

北京の地下鉄駅

建国門駅(けんこくもんえき)は中華人民共和国北京市東城区に位置する、北京地下鉄

建国門駅
Exit C of Jianguomen Station.jpg
出口C
けんこくもん
Jianguomen
所在地 中華人民共和国の旗北京市東城区
北緯39度54分26秒 東経116度25分47秒 / 北緯39.90716度 東経116.4296度 / 39.90716; 116.4296
所属事業者 北京市地鉄運営有限公司
北京地下鉄
駅構造 地下駅
ホーム 各1面2線(計1面2線)
開業年月日 1984年9月20日
乗入路線 2 路線
所属路線 1号線
駅番号 120
キロ程 23.501 km(苹果園起点)
119 東単 (1.230 km)
(1.377 km) 永安里 121
所属路線 2号線
駅番号 211
キロ程 11.488 km(西直門起点)
210 北京駅 (0.945 km)
(1.763 km) 朝陽門 212
テンプレートを表示
建国門駅
各種表記
繁体字 建國門站
簡体字 建国门站
拼音 Jiànguómén Zhàn
発音: チェンクオメン チャン
英文 Jianguomen Station
テンプレートを表示

乗り入れ路線編集

1号線2号線が乗り入れている。この2路線には駅番号が付与されており、1号線が「120」、2号線が「211」となっている。

歴史編集

駅構造編集

 
1号線ホーム
 
2号線ホーム

地下駅。地上の出口の建造物内に改札口がある。建国橋の傍に3つの出口があり、A出口:西北方面、B出口:東北方面、C出口:西南方面、の3ヶ所設けられている。

地上出口から下階に順に、地下1階に2号線ホーム、地下2階に1号線ホームがある。ホームは両線ともに島式ホーム1面2線構造。地下1階2号線ホームの内回り側の壁面には古代中国の四大発明をイメージした《四大发明[1]、外回り側の壁面には中国天文学史中国語版をイメージした《中国天文史》の壁画[2]が飾られている。

のりば編集

両路線ともに案内上ののりば番号は設定されていない。

1号線ホーム (B2F)
西方向   王府井復興門苹果園方面
東方向 国貿四恵四恵東方面
2号線ホーム (B1F)
内回り   北京駅前門宣武門方面
外回り 朝陽門東直門雍和宮方面

駅周辺編集

隣の駅編集

北京地下鉄
  1号線
東単 (119) - 建国門 (120) - 永安里 (121)
  2号線
北京駅 (210) - 建国門 (211) - 朝陽門 (212)

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 【看北京】图说北京地铁壁画三十年变迁史”. 千龙网 (2015年12月15日). 2017年10月19日閲覧。
  2. ^ 高雪梅; 魯雨涵 (2017年3月23日). “北京地鉄:“壁画是干大事的””. 瞭望東方周刊. 2017年10月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集