メインメニューを開く
建部政長像

建部 政長(たけべ まさなが、慶長8年(1603年) - 寛文12年4月18日1672年5月15日))は、摂津尼崎藩主、のち播磨林田藩初代藩主。

建部光重の三男。母は池田輝政の養女(下間頼龍の娘)。正室は酒井忠勝の娘。子に建部政勝(長男)、建部政明(三男)、建部政忠(四男)、建部政宇(五男)、娘(藤掛永俊正室)、娘(小堀正之正室)、娘(松平康紀正室)、娘(高木正次室)、娘(川合宗賀室)、娘(大嶋義近正室)、娘(人見宜郷室)。官位は従五位下、丹波守。幼名は三十郎。内匠。

慶長15年(1610年)、豊臣政権下で尼崎郡代700石であった父の死去により家督を継ぐ。慶長19年(1614年)からの大坂の陣においては、池田利隆忠継兄弟の幕下で戦功を挙げ、元和元年(1615年)7月21日、伯父の池田重利とともに摂津川辺郡西成郡尼崎藩1万石を与えられ大名に取り立てられた。元和3年(1617年)9月11日、宗主である姫路藩池田氏の転封により播磨林田へ移封となる。

元和4年(1618年)、明石城普請手伝、元和5年(1619年)の福島正則改易の城受け取り、寛永17年(1640年)の池田輝澄改易の城受け取りを務めた。藩政では、林田川の治水工事や民政などに尽力した。寛文元年(1661年)12月28日、丹波守に叙任する。

寛文7年(1667年)8月28日、家督を三男・政明に譲って隠居し、寛文12年(1672年)4月18日に70歳で死去した。墓所は京都市北区紫野の大徳寺芳春院