弁天島海浜公園

弁天島温泉(べんてんじまおんせん)は、静岡県浜松市西区舞阪町弁天島に湧く温泉、またその温泉街である。

温泉地編集

 
弁天島海浜公園から見る鳥居と浜名大橋

浜名湖の南側に浮かぶ砂州弁天島一帯に旅館や民宿が点在する。ただし2軒しか温泉を引いていない[1][2]

島は埋め立てられており、国道1号東海道本線、そして東海道新幹線が通過する。レジャースポットとして発展しており、海水浴潮干狩りマリンレジャー釣りサイクリングなどが盛んである。弁天島シンボルタワーと呼ばれる朱の大きい鳥居が湖上に建っており、島のランドマークとなっている。

泉質編集

  • 食塩泉
    • 源泉温度は19度。浴用加熱

歴史編集

1960年(昭和35年)の開湯。交通アクセスの良さから静岡県西部有数の温泉地として発展し、現在に至る。

アクセス編集

浜名湖花博のさいには村櫛町浜名湖ガーデンパークと航路で結ばれた。

脚注編集

  1. ^ 南浜名湖弁天島温泉 - 楽天トラベル
  2. ^ 弁天島温泉 - MAPPLE観光ガイド

参考文献編集

  • 野口冬人著 『全国温泉大事典』 旅行読売出版社
  • 『日本の温泉 東日本編』 山と渓谷社

関連項目編集

外部リンク編集