メインメニューを開く

歴史編集

開湯は1958年昭和33年)である。この時の源泉は舘山寺第1温泉源と呼ばれ、現在は使用されていない。

1977年(昭和52年)には舘山寺第2温泉源、1989年平成元年)には舘山寺第3温泉源がそれぞれ湧出する。

その後、舘山寺第3温泉源の湧出量減少、源泉温度低下などが見られるようになったため、2006年から浜松市主導のもと新源泉(舘山寺第4温泉源)の掘削を始めた[1]。地下およそ2000メートルまで掘り下げ2007年湧出。2008年1月5日から供給を開始した[2][3]。現在は舘山寺第3温泉源と舘山寺第4温泉源が利用されている。

2004年に発生した温泉偽装問題では、温泉使用表示に問題があった旅館があったことから、マスコミの注目を浴びた。

泉質編集

舘山寺第3温泉源編集

1989年平成元年)湧出。源泉の温度は25℃を下回っているが、温泉の含有成分量によって温泉法上温泉に分類される源泉である。

舘山寺第4温泉源編集

  • 塩化物強塩泉
  • 源泉温度:33.7℃
  • 湧出量:毎分171リットル

2007年(平成19年)湧出、2008年1月より供給開始。舘山寺第3温泉源で問題となっていた源泉温度は25℃以上に回復し、また湧出量も第3源泉よりも多い。

その他自家源泉編集

このほか、日帰り温泉施設「華咲の湯」では自家源泉を利用している。詳しくは華咲の湯を参照のこと。

温泉街編集

浜名湖沿岸に温泉街が広がる。旅館は19軒存在する。はままつフラワーパーク浜松市動物園、遊園地である浜名湖パルパルなども近くに存在し、行楽地として発展している。近くにある舘山寺(寺院)が、この温泉名の由来である。

温泉街の対岸には大草山(標高113m)があり、かんざんじロープウェイで渡ることができる。大草山からは温泉街を一望することが可能。

アクセス編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 舘山寺温泉新温泉源開発事業について” (日本語). 浜松市. 2011年12月31日閲覧。
  2. ^ 中日新聞 2008年1月6日(鎮西努)
  3. ^ 舘山寺温泉が湯量倍増 浜松駅前で新源泉のPRイベント” (日本語). 毎日が温泉. 2011年12月31日閲覧。

外部リンク編集