メインメニューを開く

弥次㐂多 尊王の巻』(やじきた そんのうのまき)、『弥次㐂多 韋駄天の巻』(やじきた いだてんのまき)、『弥次㐂多 伏見鳥羽の巻』(やじきた とばふしみのまき)は、1927年(昭和2年)製作、同年末から翌1928年(昭和3年)初頭にかけて公開された池田富保監督による日本の長編劇映画の3部作である。いずれもサイレント映画時代劇剣戟映画コメディ映画である。

弥次㐂多
尊王の巻
韋駄天の巻
伏見鳥羽の巻
監督 池田富保
脚本 池田富保
原作 池田富保
出演者 河部五郎
大河内伝次郎
撮影 青島順一郎
製作会社 日活太秦撮影所
配給 日本の旗 日活
公開 尊王の巻 1927年12月31日
韋駄天の巻 1928年1月14日
伏見鳥羽の巻 1928年2月1日
上映時間 尊王の巻 111分 / 現存 12分
韋駄天の巻 111分 / 現存せず
伏見鳥羽の巻 111分 / 現存 23分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

略歴・概要編集

本作は、1928年(昭和3年)の正月映画として、1927年(昭和2年)、日活太秦撮影所で製作を開始した。いずれも10巻、100分を超える長尺もので、河部五郎が弥次さん、大河内伝次郎が喜多さんを演じるという、2人の剣戟スターによる軽妙なコメディである[1]

第1部の『弥次喜多 尊王の巻』は、1927年12月31日日活の配給により、日活本番線のメイン館である 浅草富士館をフラッグシップに全国で公開された。第2部の『弥次喜多 韋駄天の巻』は、ちょうど2週後の1928年1月14日、第3部の『弥次喜多 伏見鳥羽の巻』は、さらに2週後の同年2月1日にそれぞれ同様に封切られた。

現在、東京国立近代美術館フィルムセンターは第3部の『弥次喜多 伏見鳥羽の巻』のみを所蔵している[2]。原版は残っておらず、のちに9.5mmフィルムの規格で当時販売された家庭用のフィルムが発見されたものを修復、35mmフィルムにブローアップされたヴァージョンであり、約1/5の23分の上映時間をもつ部分プリントである[3]

マツダ映画社は、第1部の『弥次喜多 尊王の巻』、第3部の『弥次喜多 伏見鳥羽の巻』の部分プリントを所蔵している[4]。前者は12分、後者は8分の部分プリントである[4]。2008年(平成20年)10月8日、デジタル・ミームが、この2つのフィルム断片を『弥次喜多 尊王の巻・鳥羽伏見の巻』として、おなじ大河内主演の伊藤大輔監督の『御誂治郎吉格子』(日活太秦撮影所 / 日活、1931年)とのカップリングでDVDをリリースした[5]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

編集

  1. ^ 「御誂治郎吉格子」「弥次喜多 尊王の巻・鳥羽伏見の巻」佐藤忠男デジタル・ミーム、2010年2月19日閲覧。
  2. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年2月19日閲覧。
  3. ^ 生誕110周年 スターと監督 大河内傳次郎と伊藤大輔 弥次喜多 伏見鳥羽の巻、東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年2月19日閲覧。
  4. ^ a b c 主な所蔵リスト 劇映画=邦画篇、マツダ映画社、2010年2月19日閲覧。
  5. ^ 商品のご紹介 DVD、デジタル・ミーム、2010年2月19日閲覧。
  6. ^ a b c Film Calculator Archived 2008年12月4日, at the Wayback Machine.換算結果、コダック、2010年2月15日閲覧。
  7. ^ 弥次喜多 伏見鳥羽の巻、東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年2月19日閲覧。

外部リンク編集