張 元令(ちょう もとのり)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武士毛利家家臣で長州藩士。父は張元至

 
張元令
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正13年(1585年
死没 寛永17年8月13日1640年9月28日
別名 通称:伝七、七兵衛、甚之允
主君 毛利輝元秀就
長州藩
氏族 張氏
父母 父:張元至、母:秋穂下野守の娘
兄弟 元貞元令市郎左衛門、女(粟屋元金室)
男子、就良之常
テンプレートを表示

生涯編集

からの帰化人ながら毛利輝元の出頭人として毛利家の中央行政を担った一人である張元至の次男として生まれる。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにより毛利家は周防長門2か国に減封となったが、翌慶長6年(1601年8月27日に父・元至が毛利秀就乳母との密通を理由として、周防国大島郡切腹させられた(張元至密通事件)。しかし、元至と密通したとされる乳母はその事実を強く否定しており、元至死後の張家も輝元存命中に兄・元貞を当主として再興されていることから、この密通事件は事実でなく、元至を排除するための名目であったとされる。

寛永17年(1640年8月13日に死去。享年56。

出典編集