上海浦東国際空港

上海浦東国際空港(シャンハイプードンこくさいくうこう、中国語: 上海浦东国际机场英語: Shanghai Pudong International Airport)は、中国上海市浦東新区に位置する国際空港である。上海市中心部から約30km。1999年に開港。日本語での漢字の読みに従いほとう空港と読むこともある。

上海浦東国際空港
上海浦东国际机场
Shanghai Pudong International Airport
Pudong International Airport at night.jpg
IATA: PVG - ICAO: ZSPD
概要
国・地域 中華人民共和国の旗 中国
所在地 上海市浦東新区
種類 公共
運営者 上海機場(集団)有限公司
運用時間 24時間
標高 4 m (13 ft)
座標 北緯31度08分42秒 東経121度47分36秒 / 北緯31.14500度 東経121.79333度 / 31.14500; 121.79333座標: 北緯31度08分42秒 東経121度47分36秒 / 北緯31.14500度 東経121.79333度 / 31.14500; 121.79333
ウェブサイト http://www.shairport.com/
地図
PVGの位置(上海市内)
PVG
PVG
PVGの位置(中華人民共和国内)
PVG
PVG
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
17L/35R II 4,000×60 コンクリート
16R/34L II 3,800×60 コンクリート
17R/35L I 3,400×60 コンクリート
16L/34R I 3,800×60 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
上海浦東国際空港
各種表記
繁体字 上海浦東國際機場
簡体字 上海浦东国际机场
拼音 Shànghǎi Pǔdōng Guójì Jīchǎng
発音: シャンハイ プードン グオジー ジーチャン
英文 Shanghai Pudong International Airport
テンプレートを表示

目次

概要編集

総面積40平方km、上海市中心部から30km程の距離に位置し、全長3,400-4,000m、幅60mのクロースパラレル滑走路2本2組(計4本)を有する24時間全天候型国際空港である。空港は2つの旅客ターミナルを中心に構成される。2008年上半期には西貨物ターミナルが稼動開始した。現在3番目のターミナル、サテライトターミナル、1本の滑走路の増設が予定されている。収容量は現在の年間6,000万人から8,000万人に、貨物取扱い能力は600万tに増える構想である[1]

中国東方航空上海航空中国国際航空ハブ空港であり、国内外48の航空会社が乗入れ、海外73都市、国内62都市とを結んでいる。当国際空港開港後の2002年10月以降、上海市西部に位置する上海虹橋国際空港は国内線専用空港(ただし、ソウル/金浦東京/羽田線は運航)として利用されている。国際線で上海浦東国際空港に到着し、上海虹橋国際空港発の国内線に乗り継ぐ場合、最短乗継時間(MCT)は4時間に設定されている。

空港には世界で初めて実用化された高速磁気浮上鉄道「上海トランスラピッド」が接続し、最短7分20秒で市街まで連絡する。

2012年 統計[2][注 1]

  • 利用客数 44,880,164(中国第4位)
  • 貨物取扱量(トン) 2,938,156.9(世界第3位、中国第2位)
  • 発着回数 361,720(中国第3位)

歴史編集

初期の開発編集

 
上海浦東国際空港ターミナル1
 
上海浦東国際空港ターミナル2

従来の上海虹橋国際空港は年々増えつつある航空需要を賄いきれなくなりつつあったが、虹橋空港の周辺には市街地が広がっており大幅な拡大は不可能であった。そのため中国政府は虹橋空港の代替として新空港の建設を決め、上海の東の浦東沿岸を開発することになった。

新空港は1997年10月に着工、2年の歳月と建設費は16.7億ドルをかけて1999年10月1日に開港し、2007年9月29日まで、上海を発着する全ての国際線(香港線およびマカオ線も含む)が当空港を利用していた。2007年9月29日以後、日中韓政府間の合意により、それまで国内線専用空港の上海虹橋空港から東京羽田空港及びソウル金浦空港への国際線定期チャーター便が就航された。今では上海虹橋空港発着の香港、台北/松山線も存在する。

開港直後は1本の4Eカテゴリーの滑走路(4,000 m x 60 m)と並行する2本の誘導路を持つ空港であったが、その後も拡張を続け、2本目、3本目、4本目の滑走路はそれぞれ2005年3月17日と2008年3月26日、2015年3月28日に供用開始された[3]。現在は5本目の滑走路が建設中であり、こちらは完成次第中国商用飛機の飛行機テスト専用滑走路とする予定である[4]。2番目のターミナルは2008年3月26日に供用開始し、3番目のターミナルが計画中である。マスタープランでは全部で3つのターミナルと2つのサテライトホールと5つの並行する滑走路で最大年間1億人の利用を見込んでいる。

ターミナル編集

ターミナル1(1号航站楼)とターミナル2(2号航站楼)の二つあり、2008年3月26日にターミナル2が開業した。なお、両ターミナルは約10分おきに運行されている無料シャトルバスで移動できるほか、北歩行道・中歩行道・南歩行道の3つの渡り廊下でも移動できる。これらの渡り廊下は双方向の動く歩道も設置されているが、両ターミナルは500メートルほど離れているので、荷物が大きい時などはかなり時間がかかる。両ターミナルの中間地点に上海トランスラピッドおよび上海地下鉄2号線浦東国際空港駅がある。中歩行道からは両方の路線も利用できるが、北歩行道からは上海トランスラピッドのみ、南歩行道からは上海地下鉄しか利用できない。各ターミナルビルには売店や飲食店、駅付近の北歩行道と中歩行道の間にはファストフードの店舗街がある。

両ターミナル共、手荷物検査後の待合エリアでは、無線LANによるインターネット接続サービスが無料で提供されているが、アクセスするための暗証番号を携帯電話SMS(海外から持ち込んだ携帯電話のローミングでも可能)で受け取って入力する必要がある。また、予告無しに中断されたり、使用できなかったりすることがあり、当然ながら金盾をはじめとする検閲も行われているので、注意が必要である。

国際線から国際線への乗り継ぎについて編集

中国国内に所在する国際空港に於いては、中国の出入国に関する法令により、たとえ国際線同士相互の乗り継ぎであっても一旦中国の入国・出国審査を受ける必要があるが[注 2]、当空港をハブ空港の一つと位置付けている中国東方航空は当空港に於ける国際線同士相互の乗り継ぎに関して、2012年3月11日以降、ターミナル1館内に於ける自社国際線同士の乗り継ぎであること、当日中の乗り継ぎであり且つ受託手荷物が乗り継ぎ便に至るまでスルーでチェックインされていること等の条件を満たしている場合に限り、入国・出国審査を改めて受けること無く乗り継ぎ出来るようにしている[7] 。中国国際航空は乗り継ぎ窓口と持ち物チェックのみで可能

就航航空会社と就航都市編集

国際線編集

ターミナル1編集

航空会社 就航地
  中国東方航空

日本 成田国際空港千葉県)、東京国際空港東京都)、関西国際空港大阪府)、中部国際空港愛知県)、福岡空港福岡県)、那覇空港沖縄県)、新千歳空港北海道)、旭川空港(北海道)、新潟空港新潟県)、小松飛行場石川県)、静岡空港静岡県)、岡山空港岡山県)、広島空港広島県)、松山空港愛媛県)、長崎空港長崎県)、鹿児島空港鹿児島県

アジア 仁川国際空港仁川広域市)、金海国際空港釜山広域市)、済州国際空港済州市)、大邱国際空港大邱広域市)、香港国際空港香港)、台湾桃園国際空港桃園市)、ニノイ・アキノ国際空港マニラ首都圏)、タンソンニャット国際空港ホーチミン市)、スワンナプーム国際空港バンコク)、シンガポール・チャンギ国際空港シンガポール)、クアラルンプール国際空港クアラルンプール)、ングラ・ライ国際空港デンパサール)、プノンペン国際空港プノンペン)、シェムリアップ国際空港シェムリアップ)、インディラ・ガンディー国際空港デリー)、バンダラナイケ国際空港コロンボ)、ドバイ国際空港ドバイ

ヨーロッパ パリ=シャルル・ド・ゴール空港パリ)、ロンドン・ヒースロー空港ロンドン)、フランクフルト空港フランクフルト)、シェレメーチエヴォ国際空港モスクワ)、ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港プラハ)、フィウミチーノ空港ローマ)、アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港マドリード

北米 ジョン・F・ケネディ国際空港ニューヨーク)、ロサンゼルス国際空港ロサンゼルス)、サンフランシスコ国際空港サンフランシスコ)、トロント・ピアソン国際空港トロント)、バンクーバー国際空港バンクーバー)、ホノルル国際空港ハワイ州

オセアニア シドニー国際空港シドニー)、メルボルン空港メルボルン)、ブリスベン空港ブリスベン[8]オークランド国際空港オークランド

  上海航空 東京国際空港(東京都)、関西国際空港(大阪府)、富山空港富山県)、仁川国際空港(仁川広域市)、金海国際空港(釜山広域市)、香港国際空港(香港)、マカオ国際空港(マカオ)、台北松山空港台北市)、スワンナプーム国際空港(バンコク)、プーケット国際空港プーケット県)、ングラ・ライ国際空港(デンパサール)、イブラヒム・ナシル国際空港マレ
  吉祥航空

日本 東京国際空港(東京都)、関西国際空港(大阪府)、中部国際空港(愛知県)、那覇空港(沖縄県)、新千歳空港(北海道)[9]

アジア 香港国際空港(香港)、マカオ国際空港(マカオ)、台湾桃園国際空港(桃園市)、高雄国際空港高雄市)、済州国際空港(済州市)、襄陽国際空港江原道)、清州国際空港忠清北道)、スワンナプーム国際空港(バンコク)、プーケット国際空港(プーケット県)、チェンマイ国際空港チエンマイ県

  チャイナエアライン 台湾桃園国際空港(桃園市)、高雄国際空港(高雄市)
  日本航空 成田国際空港千葉県)、東京国際空港東京都[10]中部国際空港愛知県)、関西国際空港大阪府
  エールフランス パリ=シャルル・ド・ゴール空港(パリ)
  KLMオランダ航空 アムステルダム・スキポール空港アムステルダム
  スリランカ航空 バンダラナイケ国際空港コロンボ
  エアアジア・フィリピン カリボ国際空港アクラン州

ターミナル2編集

航空会社 就航地
  中国国際航空

日本 成田国際空港(千葉県)、関西国際空港(大阪府)、中部国際空港(愛知県)、福岡空港(福岡県)、仙台空港宮城県

アジア 台湾桃園国際空港(桃園市)、仁川国際空港(仁川広域市)

ヨーロッパ パリ=シャルル・ド・ゴール空港(パリ)、フランクフルト空港(フランクフルト)、ミラノ・マルペンサ空港ミラノ)、バルセロナ=エル・プラット空港バルセロナ[11]

北米 サンフランシスコ国際空港(サンフランシスコ)、ノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港サンノゼ[12]

オセアニア シドニー国際空港シドニー)、メルボルン空港メルボルン

  中国南方航空

日本 関西国際空港(大阪府)、中部国際空港(愛知県)

アジア 仁川国際空港(仁川広域市)、台湾桃園国際空港(桃園市)

  春秋航空

日本 東京国際空港(東京都)、関西国際空港(大阪府)、中部国際空港(愛知県)、百里飛行場茨城県)、高松空港香川県)、佐賀空港佐賀県)、那覇空港(沖縄県)、新千歳空港(北海道)

アジア 香港国際空港(香港)、マカオ国際空港(マカオ)、台湾桃園国際空港(桃園市)、高雄国際空港(高雄市)、仁川国際空港(仁川広域市)、済州国際空港(済州市)、スワンナプーム国際空港(バンコク)、プーケット国際空港(プーケット県)、プノンペン国際空港(プノンペン)[13]、シェムリアップ国際空港(シェムリアップ)

  四川航空 サイパン国際空港サイパン島
  キャセイパシフィック航空 香港国際空港(香港)
  香港ドラゴン航空 香港国際空港(香港)
  香港航空 香港国際空港(香港)
  エバー航空 台湾桃園国際空港(桃園市)、高雄国際空港(高雄市)
  マカオ航空 マカオ国際空港(マカオ)
  全日本空輸 成田国際空港(千葉県)、東京国際空港(東京都)[14]、関西国際空港(大阪府)、中部国際空港(愛知県)
  Peach Aviation 東京国際空港(東京都)[15]、関西国際空港(大阪府)[15]
  大韓航空 仁川国際空港(仁川広域市)、金海国際空港(釜山広域市)
  アシアナ航空 仁川国際空港(仁川広域市)、金海国際空港(釜山広域市)
  ジンエアー 済州国際空港(済州市)
  フィリピン航空 ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)
  セブパシフィック航空 ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)
  PAL エクスプレス カリボ空港(アクラン州)
  ガルーダ・インドネシア航空 スカルノ・ハッタ国際空港ジャカルタ)、ングラ・ライ国際空港(デンパサール)
  タイ国際航空 スワンナプーム国際空港(バンコク)
  マレーシア航空 クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)、コタキナバル国際空港サバ州)、ペナン国際空港ペナン州)(2017年8月17日より就航予定)[16]
  エアアジア X クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
  ロイヤルブルネイ航空 ブルネイ国際空港バンダルスリブガワン
  シンガポール航空 シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
  ベトナム航空 ノイバイ国際空港ハノイ)、タンソンニャット国際空港(ホーチミン市)
  エア・インディア インディラ・ガンディー国際空港(デリー)、チャトラパティ・シヴァージー国際空港ムンバイ
  マーハーン航空 エマーム・ホメイニー国際空港(テヘラン)
  ターキッシュ エアラインズ アタテュルク国際空港(イスタンブール
  メガ・モルディブ イブラヒム・ナシル国際空港(マレ)
  エミレーツ航空 ドバイ国際空港(ドバイ)
  エティハド航空 アブダビ国際空港アブダビ
  カタール航空 ハマド国際空港ドーハ
  エチオピア航空 ボレ国際空港アディスアベバ
  アエロフロート・ロシア航空 シェレメーチエヴォ国際空港モスクワ
    スカンジナビア航空 コペンハーゲン空港(コペンハーゲン)
  イベリア航空 アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港(マドリード)[17]
  フィンエアー ヘルシンキ・ヴァンター国際空港ヘルシンキ
  ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン・ヒースロー空港(ロンドン)
  ヴァージン・アトランティック航空 ロンドン・ヒースロー空港(ロンドン)
  スイス インターナショナル エアラインズ チューリッヒ空港チューリッヒ
  ルフトハンザドイツ航空 フランクフルト空港(フランクフルト)、ミュンヘン空港ミュンヘン
  オーストリア航空 ウィーン国際空港ウィーン
  モーリシャス航空 サー・シウサガル・ラングーラム国際空港ポートルイス
  カンタス航空 シドニー国際空港(シドニー)
  ニュージーランド航空 オークランド国際空港(オークランド)
  エア・カナダ トロント・ピアソン国際空港(トロント)、バンクーバー国際空港(バンクーバー)
  ユナイテッド航空 ニューアーク・リバティー国際空港(ニューヨーク)、ロサンゼルス国際空港(ロサンゼルス)、サンフランシスコ国際空港(サンフランシスコ)、シカゴ・オヘア国際空港シカゴ)、グアム国際空港グアム
  デルタ航空 成田国際空港(千葉県)、デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港デトロイト)、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港アトランタ)、シアトル・タコマ国際空港シアトル)、ロサンゼルス国際空港(ロサンゼルス)
  アメリカン航空 ロサンゼルス国際空港(ロサンゼルス)、シカゴ・オヘア国際空港(シカゴ)、ダラス・フォートワース国際空港ダラス
  アエロメヒコ航空 メキシコ・シティ国際空港メキシコシティ)、ヘネラル・アベラルド・L・ロドリゲス国際空港バハ・カリフォルニア州

国内線編集

ターミナル1編集

航空会社 就航地
  中国東方航空
  上海航空
  海南航空
  深圳航空
  天津航空
  吉祥航空
  四川航空
  厦門航空

ターミナル2編集

航空会社 就航地
  中国国際航空
  中国南方航空
  春秋航空
  重慶航空
  山東航空
 
ターミナルビル。左上がターミナル2
 
滑走路側から見たターミナル1ビル

就航地編集

国際線編集

国内線編集

北京/首都広州廈門鄭州長春成都重慶大連丹東桂林貴陽ハルビン海口黄山嘉峪関錦州昆明蘭州ラサ牡丹江青島秦皇島チチハル三亜瀋陽深圳温州武漢西安西寧宜昌銀川張家界珠海済南

アクセス編集

杭州蘇州無錫南京などへのバスもある。機場6線 - 中山公園行きは、2号線と経路が重なるため、2011年5月を持って、運行終了した。

  • タクシー

上海市内まで150 - 200元前後

  • 鉄道

上海軌道交通2号線 浦東国際空港駅。浦東国際空港駅-広蘭路駅間は6:00-21:53までの運行である。人民広場駅まで約80分。途中の広蘭路駅にて、同じホームで4両編成の列車から8両編成の列車に乗換える必要がある。2010年6月現在、上海市中心部の駅まで7元で利用できる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 順位には香港・マカオを含む。
  2. ^ 日本航空(JAL)Webサイト内に掲載されている当空港に於ける乗り継ぎ案内に「国際線から国際線へのお乗り継ぎでも、一旦入国が必要です」と明記されているほか[5]、同じくJALサイト内に掲載されている北京首都国際空港に於ける乗り継ぎ案内には「他の国際線へ乗り継ぐ場合、中国の出入国に関する法令により、必ず出入国手続きが必要です」との記載が見える[6]

出典編集

  1. ^ Shanghai Airport reports profit growth, despite big investments in massive new facilities at Pudong - China Airlines, Airports and Aviation News
  2. ^ 2012年全国机场吞吐量排名Civil Aviation Administration of China. (中国語)
  3. ^ “上海浦東空港の第4滑走路が供用開始 -2020年に旅客数で世界トップ10入りを目指す-”. 世界のビジネスニュース「通商弘報」 (独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)上海事務所). (2015年5月28日) 
  4. ^ 浦东机场将建第五跑道 专门用于国产大飞机 sohu news, 2010-03-12
  5. ^ 乗り継ぎのご案内~上海浦東国際空港”. 空港情報~国際線. 日本航空. 2013年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。
  6. ^ 乗り継ぎのご案内~北京首都国際空港”. 空港情報~国際線. 日本航空. 2013年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。
  7. ^ 上海/浦東空港におけるMU国際線からMU国際線への乗り継ぎについて - 中国東方航空・日本語版Webサイトより
  8. ^ 中国東方航空、12月から上海/ブリスベンに通年便で就航 デイリー運航 FlyTeam 2016年5月18日
  9. ^ 吉祥航空、4月に新千歳/上海線を開設へ A320でデイリー運航 FlyTeam 2017年3月15日
  10. ^ JAL、東京/羽田〜北京線増便と広州・上海/浦東線開設を発表! 10月25日からTraicy 2015年8月31日
  11. ^ 中国国際航空、5月5日から上海・浦東/バルセロナ線に就航 週3便FlyTeam 2017年2月20日
  12. ^ 中国国際航空、9月から上海/サンノゼ線に就航 A330で週3便FlyTeam 2016年6月10日
  13. ^ 春秋航空、3月下旬に上海、深圳発着のプノンペン線をA320で就航FlyTeam 2017年3月8日
  14. ^ 羽田=中国線の増便および新規開設についてANA NEWS 2015年8月4日
  15. ^ a b ピーチ、大阪/関西・東京/羽田〜上海/浦東線を11月開設 航空券の販売開始Traicy 2016年9月1日
  16. ^ マレーシア航空、2017年にかけてマレーシア/中国路線を拡充 FlyTeam 2016年11月8日
  17. ^ [1]
  18. ^ 磁浮列车运行信息表” (中国語). 2015年6月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集