メインメニューを開く

張掖郡(ちょうえき-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から唐代にかけて、現在の甘粛省張掖市一帯に設置された。

概要編集

紀元前111年前漢元鼎6年)、酒泉郡の東部を分離して、張掖郡が置かれた。張掖郡は涼州に属し、觻得昭武刪丹氐池屋蘭日勒驪靬番和居延顕美の10県を管轄した。王莽のとき、設屏郡と改称された[1]

後漢が建国されると、張掖郡の称にもどされた。張掖郡は觻得・昭武・刪丹・氐池・屋蘭・日勒・驪靬・番和の8県を管轄した[2]

のとき、張掖郡は永平臨沢・屋蘭の3県を管轄した[3]

西魏のとき、西涼州が設置されると、張掖郡は西涼州に属した。553年廃帝3年)、西涼州が甘州と改称されると、張掖郡は甘州に属した。

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、張掖郡は甘州と改められた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、甘州は張掖郡と改称された。張掖・刪丹・福禄の3県を管轄した[4]

619年武徳2年)、唐が李軌を平定すると、張掖郡は甘州と改められた。742年天宝元年)、甘州は張掖郡と改称された。758年乾元元年)、張掖郡は甘州と改称され、張掖郡の呼称は姿を消した[5]

脚注編集

  1. ^ 漢書』地理志下
  2. ^ 後漢書』郡国志五
  3. ^ 晋書』地理志上
  4. ^ 隋書』地理志上
  5. ^ 旧唐書』地理志三