メインメニューを開く

強行着陸(きょうこうちゃくりく)は、無理に着陸すること。具体的には、飛行場航空管制官らの指示を受けず、または従わずに着陸を行うこと。

目的編集

戦術・軍事作戦編集

 
沖縄に強行着陸した後の九七式重爆。アメリカ軍が撮影した写真。

戦争時に敵の飛行場に着陸した後に搭乗員(コマンド部隊など)が脱出し、施設の破壊や後方攪乱などを行う。第二次世界大戦ではトンガ作戦義号作戦などが実行された。

亡命編集

亡命の意図を察知されぬよう、飛行に必要な交信を途絶したまま着陸を行う。ベレンコ中尉亡命事件など。

燃料の節約(経費削減)編集

2000年代以降の中華人民共和国の大規模空港では、到着機が集中して混雑が慢性化。燃料を消費する空中待機を嫌い「燃料切れ寸前」を宣言して、順番破りをする航空機が見られるようになった。こうしたケースが激化し、2011年には吉祥航空の飛行機が管制の指示を無視し、強行着陸する事態が生じた[1]

出典編集

関連項目編集