彦人大兄命(ひこひとおおえのみこと)または大江王は、古墳時代皇族景行天皇の皇子で、母は伊那毘若郎女稚武彦命の女)。真若王という同母兄がいる。『古事記』にはこの日子人大兄命(彦人大兄命)とは別人として大江王(母は迦具漏比売)という人物も出てくる。迦具漏比売は大江王の異母兄日本武尊曾孫に当たり、景行天皇は直系の卑属を娶ったことになる上、景行天皇が長寿であれば一応理論上は不可能ではないものの年齢的にかなり無理があることから、この系譜を誤記とみなして彦人大兄命と大江王を同一人物とする説もある[1]。ただし、『古事記』では迦具漏比売という名のもう一人の女性(同一人物?)が応神天皇の妃となっているが産んだ子のリストは異なっている。大江王も異母妹の銀王(しろがねのみこ)を娶り大中姫(甥の仲哀天皇妃)等を儲けたとあり、彦人大兄命が儲けた子らとは一致していない。

飛鳥時代の皇族に押坂彦人大兄皇子がいるが、別人である。

出典編集

  1. ^ 大久間 喜一郎 (1993年3月1日). “景行天皇記に於ける倭建命” (PDF). 明治大学教養論集 (明治大学) 259: 1-12. ISSN 03896005. NAID 120002908763. https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/bitstream/10291/10103/1/kyouyoronshu_259_1.pdf 2011年8月8日閲覧。.